« 武蔵野食堂と武蔵野S | トップページ | 銭場精肉店@大井町 »

2014年11月15日 (土)

NAKA(ナカ)@新馬場

ミートソースの話を続ける。

Eki 

大井競馬場に行くために品川から京急の各駅停車に乗ると、2つ目に「新馬場」という駅に停まる。これで読み方は「しんばんば」。かつてこのあたりには馬場があり、その脇を通る京急電鉄には「北馬場」と「南馬場」というふたつの駅があったのだが、1976年に両駅が統合され新たに「新馬場」として生まれ変わった。だから、この駅のホームはとてつもなく長い。北口はかつての北馬場駅。南口はかつての南馬場駅である。一歩出口を間違えるとひどい目に合う。

その長いホームの真下にあるレストラン『NAKA』は、地元に愛される洋食屋であり、一部のナポリタン・マニアの間では隠れた名店と謳われる一軒でもあるのだが、私の中では理想的なミートソーススパゲティーを味わえる店にほかならない。

Naka 

麺は極太。そこに肉感たっぷりのソースがドバっとかけられている。しかもその下は熱々の鉄板。この3つが揃えば言うことはない。

Meet 

惜しげもなく使われた赤ワインの深い芳香に、鉄板に焦げた肉の香ばしさが入り混じって食欲は増すばかり。ソースの主役はもちろんひき肉だが、それ以外にもさいの目に切られた牛肉やクルミが入っていて、ソースそのものが実に美味しい。一般的なミートソーススパゲティーの難点のひとつに「最後にソースだけ余る」というものがあるが、このソースならばたとえ麺が先に無くなってしまっても、「ほぐしたハンバーグ」としてソースを最後の一粒まで楽しめる。

「ナカ」という店名に違わず、新馬場駅のホームの真ん中あたりに立地しているのだけど、この店に行くのならば北口を出た方が絶対に良い。その理由を説明すると長くなる。どうしても気になるという方は、いちど新馬場駅の南口を利用してみればわかるはずだ。二つの駅が合併した歴史的事実を実感できるはずである。

 

***** 2014/11/15 *****

 

 

 

|

« 武蔵野食堂と武蔵野S | トップページ | 銭場精肉店@大井町 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 武蔵野食堂と武蔵野S | トップページ | 銭場精肉店@大井町 »