« ミラクルムーン | トップページ | ノベンバーSのその先に »

2014年11月 6日 (木)

宴の余韻

昨日に続いてネット上で気になったネタから。

先日催された社台グループの謝恩パーティーでのこと。檀上でマイクを取った吉田照哉氏が、地方騎手と外国人騎手の素晴らしさを絶賛し、暗にJRA騎手を批判した―――。そう一部で話題になっている。

このパーティーには私も出席していたのだが、この話は正直知らなかった。ちょうど水割りのグラスを片手に、某調教師と牝馬の引退時期について盛り上がっていたせいもある。あとで聞いたところでは、「地方騎手は狭く短い競馬場でほぼ毎日騎乗して苦労しているので、ポジション取りが上手い」とか「外国人騎手は道中リラックスさせて馬を走らせるので、しまいに良い脚を使う」などと照哉氏はおっしゃったそうだ。ふーん。まあ、檀上の話などに耳を傾けたりしないことが、パーティーを楽しむひとつのコツですよね(笑)。

それでも、御神本訓史、真島大輔、森泰斗の3騎手が檀上に並んだ時は、彼らの話に聞き入り、ちゃんと拍手を送った。地方騎手に対して聴衆が露骨に興味を失い、会場が静まり返るのが癪なのである。彼らとて会員の想いを託されて、日々馬を駆っていることでは、JRA騎手となんら変わりはない。何より吉田照哉氏が「上手い」と持ち上げた地方騎手の代表でもある。

そんなことがあってから3日後の川崎競馬場では、ロジータ記念とローレル賞の豪華重賞2本立て。まずロジータ記念を勝ったのは、1周目の4コーナーから先頭に立って、そのまま残り1400mあまりを押し切ったノットオーソリティであった。御神本訓史騎手の手綱で社台地方オーナーズの所有馬。言うまでもなく筆頭馬主は吉田照哉氏である。

Mika 

息をつく間もなくローレル賞が発走。2歳牝馬にしては激しい直線の叩き合いを制したのは、以前このブログで「クラシックを意識させる逸材」と書いたララベル。その時と同じく真島大輔騎手の手綱。そして、馬主はまたも吉田照哉氏ではないか。

Maji 

まさか社台のパーティーに招待してもらったお礼というわけではあるまいが、このタイミングで御神本、真島の手による吉田氏の重賞連勝は絶妙と言うほかはない。レース後の検量前は先日のパーティーがまだ続いているかのような、そんな錯覚に陥るほどの賑わいようだった。

こうなると土日の競馬が俄然気になる。今週からライアン・ムーア騎手が短期免許で来日。日曜の東京には船橋の名手・左海誠二騎手が参戦し、なんと10鞍に騎乗。そして、8月の新潟で落馬負傷した内田博幸騎手が2か月ぶりに復帰するのである。もちろんJRA生え抜き騎手たちの奮起も期待したい。GⅠのない今週のJRA競馬は騎手たちの手綱さばきに注目だ。

 

***** 2014/11/06 *****

 

 

 

|

« ミラクルムーン | トップページ | ノベンバーSのその先に »

競馬」カテゴリの記事

コメント

地方競馬であれ中央競馬であれ、騎手と馬がひとつでも上の着順を目指して鎬を削る…
それこそがレースの醍醐味です。

現場で観れば、興趣も三倍増しです。

そんな姿に、惜しみなく拍手を送ることが出来る、(馬券ありきかもしれませんが)競馬に携わることが出来る幸せに感謝したいです。

地方競馬贔屓のさっさんにとり、快哉を叫びたい内容でした。エントリー、ありがとうございました。

投稿: さっさん | 2014年11月 7日 (金) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミラクルムーン | トップページ | ノベンバーSのその先に »