« 2400mの東スポ杯 | トップページ | めんこや@京王閣 »

2014年11月22日 (土)

オフト京王閣

仕事場が近くになったので、そのうち行かなきゃなと思っていた場所を訪れる機会をようやく得た。昨日のことである。

その場所は京王多摩川駅に隣接する京王閣にあり、

Keio1

競輪場とは別の入場口に、あの見慣れたロゴ。

Keio2

受付で入会金1000円を支払ってメンバーズカードを受け取り、

Keio3

エスカレーターを上ったフロアはカラス張りのスタンドと、

Keio4

たくさんのイスとテーブル。

Keio5

そうここは、

Keio6

会員制の場外馬券発売施設「オフト京王閣」です。この日は浦和最終日と名古屋の重賞・東海菊花賞の場外発売が行われていた。

京王閣競輪場のバックスタンド3階の特観席が、この春から南関東専門場外に生まれ変わったのである。座席数400席。窓口数9窓。会員制のオフトが初めてなら、競輪場本場に競馬の場外発売所が開設されるのも初めてのことだ。

Keio7

眼下には京王閣の400バンクが威容を誇る。その向こうには小倉競輪祭初日の場外車券を楽しむ競輪ファンの姿がちらほら。こういう光景も悪くない。だが、このオフトフロアで車券を買うことはできないし、向こうのスタンドで馬券を買うことはできない。

買えなくても競輪のレースは見たいので、バンクの上にある大型ビジョンで小倉10Rを眺める。実況音声は聞こえない。それでもロンドン五輪で応援した渡邉一成の捲り一閃に、思わず力が入った。遊びに来ているお客さんの中には、競輪と競馬はお互いに別の方が良いという人もいるだろうけど、せっかくのコラボ。少々もったいない気もする。

肝心のオフト京王閣であるが、浦和の最終日にしては入っている印象を受ける。とはいえざっと数えて40人程度。おかげでソファも窓口も余裕たっぷり。失礼ながら浦和本場に比べて利用者の雰囲気も悪くない。このあたりが会費1000円の効果か。メンバーズカードと一緒に渡された会員規約には「サンダル履きでの入場お断り」の一文が載っている。周囲を見渡す限り、確かに利用者にサンダル履きはいなかった。JRA馬主席のドレスコードよろしく、入場口でひとりひとりの足もとをチェックしているのだろうか?

 

***** 2014/11/22 *****

 

 

 

|

« 2400mの東スポ杯 | トップページ | めんこや@京王閣 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

御無沙汰しております。ブログ再開の御連絡もせずに申し訳ございませんでした。
m(_ _)m
もちろん『めんこや』さんにも伺ってます。それについては今から書かせていただきますcoldsweats01
諸事情これありで競馬場が遠のいてしまいましたが、こういう機会を捉えてこれまで行けなかった場所や店にも足を運びたいところです。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 店主 | 2014年11月23日 (日) 12時54分

お疲れ様です。

社カメから、事情はいろいろ聞いております。

『オフト京王閣』、いつ書くのか……と期待していました。場内レストラン『めんこや』も視界に入ったと思うので、続報が楽しみです。

『めんこや』はうどん屋(本店は幡ヶ谷)ですが、私は炭水化物に敏感な中年男ですから、五反田店で飲み専門。今月も行きました。京王閣店では飲めませんから(笑)。

投稿: 愛読者@大崎 | 2014年11月23日 (日) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2400mの東スポ杯 | トップページ | めんこや@京王閣 »