« NAKA(ナカ)@新馬場 | トップページ | ダートステイヤーたちの悩み »

2014年11月16日 (日)

銭場精肉店@大井町

13回開催が終わった大井のトゥインクル開催は年内残すところあと7日間。昼間開催に突入すれば、生活のリズムもガラッと変わる。これまでは夕飯の心配をしながら通っていた大井も、昼間開催ともなれば昼飯の心配をしなければならない。……って、まあ結局は食い物の心配に行きつくわけだ(笑)

なにせ普段から朝昼晩の3食にどこで何を食べるか、その3日くらい先までの予定は決めた上で生活している。たまに予定が決まってない日があると、朝飯を食いながら「さて、今日の昼飯は何を食べようか?」と考えるほど。だから食事のルーチンが変わることは一大事なのである。特に昼飯は影響が大きい。その理由はもちろん「ランチ限定メニュー」の存在にある。

このブログでも何度か紹介した大井町の『銭場精肉店』には、ランチ限定でミートソーススパゲティーがメニューに載っている。黒毛和牛の一頭買いで人気を誇る焼肉店が、昼限定でミートソーススパゲティーを出しているのである。

そのひき肉はむろん和牛100%。大量のたまねぎと一緒にソテーしたところに完熟トマトを加え、それを大量の赤ワインで5時間以上煮込んで仕上げたというそのソースは、圧倒的な旨味と肉々しさを漂わせている。「ミートソース」と言いながら実際には「ひき肉入りトマトソース」とでも呼ぶしかない代物が巷に溢れる中、この肉力にはさすが牛肉専門店と唸るほかはない。

Zenba1 

昨日も書いたが、ミートソースには「最後にソースだけ余る」という問題がついて回る。それを踏まえて幅広の麺・タリアテッレを使ってソースを絡みやすくしているのだが、それでもフォークで麺をクルクル巻いて食べるだけでは、ソースを残さず食べることは難しい。

だから、この店ではミートソースをオーダーすると、スプーンが運ばれてくる。これで余ったソースをすくって、ソースだけを味わって食べてください、というわけだ。そういう食べ方にも十分足る味と自負する所以であろう。このあたりは昨日紹介した『NAKA』にも通ずるところがある。

Zenba2 

ミートソースを食べ終えたら大井競馬場へ。店の前の坂を下って、「きゅりあん」の中を横切れば、1分もかからずに大井競馬場行き連絡バスのバス停に出る。昼間開催が楽しみだ。

 

***** 2014/11/16 *****

 

 

 

|

« NAKA(ナカ)@新馬場 | トップページ | ダートステイヤーたちの悩み »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NAKA(ナカ)@新馬場 | トップページ | ダートステイヤーたちの悩み »