« 初代チャンピオンの血 | トップページ | 盗難 »

2014年10月16日 (木)

10月16日に生まれて

はぁ―――。

知り合いの競馬記者がため息をついた。

聞けば、奥さんがスプリンターズSの単勝を当てたのだという。13番人気スノードラゴンの単勝配当は4650円。「すごいじゃない」と私は言った。

「ああ、でもスノードラゴンを買った理由が誕生日なんだ」

「誕生日?」。ドキッとして聞き返した。何を隠そう今日10月16日は私の誕生日である。

「女房もスノードラゴンも同じ4月6日生まれで、それで買ったって言うんだよ。それで“馬券なんて簡単”とか言い出してさ」

そう言って彼はまたため息をついた。なるほど、身近な人間にそんな理由で当てられては、予想を生業としている記者としては立場があるまい。だが、一方でどんな買い方でも楽しめるのが競馬である。当たった者が勝ちだ。

それにしても私はその奥様が羨ましい。穴馬券を当てたから、ではない。自分と同じ誕生日の馬の馬券を買うという行為は、10月生まれの人間にはほとんど無理。私と同じ秋生まれの方なら、思うところがあるのであないか。

Boss 

我が国で走る競走馬の大半は1月~6月生まれ。まれに南半球産の馬を見かけると、つい誕生日を調べる癖までついてしまった。それでも、オセアニアボス(9月4日生)、キンシャサノキセキ(9月24日生)、ロックドゥカンブ(9月29日生)、サイレントウィットネス(10月1日生)、ウルトラファンタジー(10月14日生)と、未だ10月16日生まれの馬に巡り合うことができないでいる。

Rock 

馬の誕生日がレーシングプログラムに記載されているのは日本くらいだそうだ。普通は誰も気に留めたりしない。だが、マンノウォーとかナシュアといった歴史的名馬になると、誕生日に記念パーティーが催されたという。

はぁ―――。

今度は私がため息をついた。「お誕生日おめでとうございます」というメールに喜んだのもつかの間、差出人を見ればANAとJALであり、自分自身でひっそりと誕生日を祝おうと向かった寿司店はあろうことか貸切であった。うなだれて入ったうどん店で、いつもより多めに天ぷらを取った程度の誕生日。マンノウォーやナシュアが羨ましい。

まあそれにしても、どこかに10月16日生まれの馬はいないだろうか。応援するんだけどなぁ。

 

***** 2014/10/16 *****

 

 

 

|

« 初代チャンピオンの血 | トップページ | 盗難 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初代チャンピオンの血 | トップページ | 盗難 »