« 雨のマイルグランプリ | トップページ | 58.5キロを背負って »

2014年10月25日 (土)

グルメグランプリ2014

先日、久しぶりに東京競馬場のスタンドを訪れたら、この時期恒例のイベント「グルメグランプリ2014」が絶賛開催中であった。

期間は10月26日(日)までだというが、期間中に再び来られる保証はない。となれば、今日のうちに目ぼしいメニューは食べておかねばなるまい。そんなわけで「腹の限界まで一押しニューを食べ続けるチャレンジ」が急遽幕を開けたのである。

まずは例によってフジビュースタンド4F『馬そば深大寺』からスタート。「とりかつ三連単うどん」や「ザ・ゴボウ抜きそば」など、毎回ユニークな創作メニューでチャレンジしてくれるこちらの一押しメニューは「そば屋の中華そば」とある。さっそく注文。

Dsc_1567 

出てきた一杯は、そばつゆと中華麺のコラボレーションであった。トッピングは刻み玉ネギにメンマ、ナルト、そして鶏肉の叉焼だから見た目はラーメン。だが、一口すすればそのスープはまごうことなきカツオだしである。それで山形県天童市のご当地麺「鳥中華」を思い出した。似ている。となれば、天かすと刻み海苔が入ればなお良かったかもしれない。でも、まあ美味いです。

Dsc_1570 

返す刀で反対側にある『むぎんぼう』へ。こちらの一押しメニューは、むむむ…、昨年に引き続き今年も「舞茸天うどん」ですか。

Dsc_1583 

舞茸は歯応えもあるし、昆布ベースのだしにも絶妙にマッチする。でも、このお店で天ぷらと言えば、どうしてもゴボウのかき揚げとの比較になってしまうのも事実。次回はぜひ新作メニューにチャレンジしていただきたい。

まだまだ食えそうなので、スタンド1F『梅屋』へ。大ぶりの鶏天2個が丼に浮かぶ「とり天うどん」が一押しメニューだが、どことなく前に食べた2杯の折衷のような趣も漂う。これは店の選択を誤ったか。とはいえ、関東ではまだメジャーとは言えない鶏天を起用してきたその心意気やよし。願わくば、もう少し鶏肉を柔らかくしてくれ。

Dsc_1582 

さすがに腹は限界に近づいてきた。あー、苦しい。でも、ちょっとだけなら何か入りそう。そう思いつつスタンド1Fをウロウロ歩くと、フライドチキンでお馴染みの『鳥千』に、「骨抜き手羽先」という一押しメニューを見つけた。国産鶏使用。2本で300円。アツアツを受け取ってスタンドに腰かけて食べる。

Dsc_1585 

グリップ(手羽の先の方)は骨が残ったままだが、食べる部分は骨が抜いてある。なので、安心してひと口。もぐもぐ。美味い。美味いが、ひと口で終わってしまう。2本だから都合ふた口。正直ちょっと物足りない。

立て続けに麺を3杯食って「苦しい」とか言ってるアホな人間が、「物足りない」と思うくらいだから、普通の人なら全然足りないと思う。でも、骨を抜く手間を考えると、2本300円くらいが妥当なのだろうか。足りないという人は、看板メニューのフライドチキンを選んだ方が良いのかもしれない。

それにしても食い過ぎた。やはり1日で―――しかも午後の短い時間だけで―――食い倒すのは無理がある。それというのもグルメグランプリの実施期間が3週という短期間で終わってしまうせいだ。かりに全6日間に競馬場へ通ったとしても、百件近い店舗すべてで飲み食いするなんて無理な話。せめて11月中旬まで開催してほしいところだ。

 

***** 2014/10/25 *****

 

 

 

|

« 雨のマイルグランプリ | トップページ | 58.5キロを背負って »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨のマイルグランプリ | トップページ | 58.5キロを背負って »