« ホットドッグ月間 | トップページ | 命を救うかき氷 »

2014年8月 1日 (金)

再スタート

「自分の馬のことをあまり書きませんね」と言われた。なるほど。言われてみればそうかもしれない。私のかかわる現役馬について書いたのは、昨年の8月8日付「細い細い糸の先に」が最後。もう1年も前の話だ。

別に隠していたわけでもない。単純に書くことがなかっただけ。書くことがないということは、良いことも悪いこともないということだ。悪いことは無いに越したこともないが、何も無いのでは、そもそも馬を持っているかいがない。だが、ここへきて馬たちにようやく動きが出てきたのである。

昨日、ポップレーベルが船橋・川島正行厩舎に入厩した。ブリーダーズゴールドジュニアカップを制してから、ちょうど1年目の再スタートである。東京ダービーに間に合わなかったことを悔しくないと言えば嘘になるが、私が目指す先はあくまでも“カンパニーの代表産駒”の称号。名伯楽の手腕に期待したい。

Pop 

昨年8月4日の未勝利戦9着を最後にJRAに見切りをつけ、地方に移籍していたオシャレバンチョウも、ようやく笠松で3勝目を挙げてJRA復帰を果たした。こちらも1年ぶりの再スタート。めでたい。めでたいが、3勝するのに15戦も要した事実に目をつむることはできぬ。それを承知でオシャレバンチョウを引き受けてくれた森田調教師には、感謝せねばなるまい。

Oshare 

オシャレバンチョウは、その母親ボンキュッボンに縁があって出資した1頭だが、先週は縁のある騎手が大きな勝利を手にした。

Misaki 

3年前に騎手を引退しながら、この春再デビューを果たした柴田未崎騎手。春先はあちこちで話題になったが、なかなか勝ちに恵まれない。そりゃそうだ。一度は辞めた身である。減量特典があるわけでもない。最初はいちいちレースをチェックしていた私も、いつの間にかほっぽらかしになっていた。そしたら、先週日曜の大井場外でモニタに未崎の顔が映っているではないか。瞬時に事態を理解して、思わず「やった!」と叫んでしまった。現場で見てなくて申し訳ない。

Misaki2 

彼にしてみれば、この1勝が事実上の再スタートであろう。しかも今週から彼は栗東に拠点を移した。なんと、その拠点のひとつが森田厩舎だという。もし彼がオシャレバンチョウに乗ってくれるようなことがあれば、それだけで1年間を待ったかいがあろうと言うもの。三者三様の再スタートにエールを送りたい。

 

 

|

« ホットドッグ月間 | トップページ | 命を救うかき氷 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホットドッグ月間 | トップページ | 命を救うかき氷 »