« ミスターの口笛 | トップページ | 夏と言えばカレーラーメン »

2014年8月 7日 (木)

夏と言えばカレースパ

今週の南関東は重賞レースが行われない。JRAもローカル真っ盛りで、暇ネタが多くなってしまうことをお許しいただきたい。

そんなわけでカレースパゲティーの話。

ロメスパの聖地・大手町『リトル小岩井』では、先月まで「夏野菜のココナッツミルクカレー」を期間限定で出していた。カレーは正直辛くはない。若干とろみのついたソースは、そば屋のカレーうどんを彷彿とさせる。

Koiwai 

カレーとしての美味さでは、丸の内『インディアンカレー』の「インディアンスパゲティー」が上回る。ひとくち目はほんのりとした甘さが広がり、ひと呼吸遅れて喉の方から刺激がせり上がってくるあの独特のカレーを、ライスではなくパスタに絡めて食べるのもまた格別だ。だが、敢えて希望をかかせていただれば、麺を『リトル小岩井』のようにもっと太くしてほしい。

Indian 

カレーの美味さと極太パスタの両方を兼ね備えた一軒と言えば、大井町の洋食店『ハピネス』をおいてほかにあるまい。朝イチで茹でた麺を一度冷蔵庫で寝かしてから使うことで、カレーがパスタにしっかりと馴染んでいるのである。アツアツの鉄板にこの盛りの美しさも込みで、パーフェクトであろう。

Hapiness 

そしたら、高田馬場にも強烈な鉄板カレースパの店があると聞いて、炎天下をものともせずやってきた。その名も『たんちょう』。そしてこれが注文のカツカレースパゲティー。

Dsc_1402 

かつて銀座にあった『海ごはん』というお店の「カツカレーうどん」を紹介した時、「カツカレーをご飯でなくうどんで食べたいという欲求があるのは当然」と書いたが、これはそのスパゲティー版。とにかくトンカツにはカレーが合うのである。

Dsc_1405 

スパゲティーにカツをトッピングしてアツアツの鉄板に盛って出すスタイルは、釧路のB級グルメ「スパカツ」そのもの。そして、この店名。釧路に関連するお店だろうなと思ったあなたは大正解。釧路空港にも同じ名前のお店がありますよね。そのお店が晴れて東京進出を果たしたわけだ。この店を起点にスパカツが東京で流行ると嬉しい。その暁には、ぜひ2号店を立会川に出店してほしい。

 

 

|

« ミスターの口笛 | トップページ | 夏と言えばカレーラーメン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミスターの口笛 | トップページ | 夏と言えばカレーラーメン »