« 水天宮と有馬記念 | トップページ | 山形の冷たい麺 »

2014年7月21日 (月)

ワンターンに賭ける夏

習志野きらっとスプリントは、レース創設から昨年までラブミーチャンが3連覇。絶対女王不在が初めてのことなら、各地で行われたトライアルの勝ち馬が勢揃いしたのも初めてとなる。

1番人気に推されたのは、名古屋でら馬スプリントの優勝馬ワールドエンド。ラブミーチャンと同じサウスヴィグラスの産駒で、名古屋でら馬スプリントは3年続けてラブミーチャンがステップとしたゲンの良いレースでもある。そのレースを4馬身差圧勝。JRA時代に1000m58秒0の好タイムをマークしているのも心強い。

World 

2番人気ユーリカは、川崎スパーキングスプリントの優勝馬。川崎900mのレコードを更新してきた勢いは侮れない。

You 

3番人気は飛ばして、4番人気はグランシャリオ門別スプリントの勝ち馬アウヤンテプイ。2年連続して北海道スプリントCで地方馬最先着の4着と健闘。しかも今年はあのセイクリムズンを差し切ってのものだから価値が高い。実は気性的に遠征競馬に不安があり、今回はてっきり回避だと思っていた。それが参戦してきたのだから、注目せぬわけにはいくまい。

Au 

そして5番人気には、園田FCスプリントを勝ってきた佐賀のエスワンプリンスが推された。一昨年の九州ダービー馬。昨年は笠松のオッズパークグランプリも制したその能力は、地方所属馬同士なら決して見劣らないが、肝心の短距離適性が未知数である。勝った前走にしても、若干メンバーに恵まれた感も。ただし、今回は珍しく馬体重を計らせただけでなく、パドックも普通に周回していた。気性面の成長が伺える。

S1 

勝負は5ハロン戦らしく一瞬で決した。向こう正面では中団に位置していたナイキマドリードが、直線で外に持ち出されると末脚爆発。ゴール寸前で差し切り、節目の50戦目を重賞勝利で飾った。正太郎騎手も「どうだ」と言わんばかり。

Naiki 

思えば2010年と11年にNAR最優秀短距離馬に選出されたタイトルホルダー。12年と13年の同タイトルがラブミーチャンだったことを思えば、この結果も納得か。夏負けの兆候が伝えられていたが、なんだかんだで3番人気。ファンも良く見ている。

 

 

|

« 水天宮と有馬記念 | トップページ | 山形の冷たい麺 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水天宮と有馬記念 | トップページ | 山形の冷たい麺 »