« 東京競馬最終日 | トップページ | ダービー馬配合 »

2014年6月30日 (月)

夏だ、カレーだ、カレーうどんだ

カレーうどんというと、丼にカレーを溶いた熱いダシを張り、茹でたうどんを投入するスタイルが一般的なのだろうけれど、ここ東京競馬場には一風変わったカレーうどんを食べさせる食堂がある。

Dsc_1279 

それがこちら『カジュアル稲松』。食堂に「カジュアル」っていったい何だ?……などと考え込む前にまずは入ってみると良い。入口左手のレジで食券を買って、それを厨房カウンターに持って行って出来上がった料理を受け取り、席に着いて食べるというシステム。人気のカレーうどんは「汁なしカレーうどん」という名称でメニューに載っている。

Dsc_1281 

茹でたての麺にキーマカレーのようなカレーソースがかけられ、その上に温泉玉子がトッピングされている。カレーうどんにしては本格的なソースはスパイスの芳香が豊で、なかなかの辛さ。しかし、温泉玉子がそれをマイルドに包んでくれる。何より服を汚す心配が少ないから(ゼロではないけど)、サッと食べることができる。競馬場のカレーうどんとしては、大きなアドバンテージであろう。ご紹介いただいたギムレット様、ありがとうございます。

Dsc_1284 

競馬場を西門から出て徒歩10分。前にも紹介した『小平うどん』のカレーうどんは、いわゆるつけうどんのスタイルだ。

Dsc_1286 

褐色のうどんをカレー汁に沈め、うっすらと黄色い膜を纏ったところをズルズルとすすり上げると、地粉の香りとカレーの風味が先を競うように鼻から抜けてくる。カレーもしっかり辛い。そんな時、つゆにたっぷり入ったキャベツの甘さに助けられる。カレーうどんを注文すると、白飯がオマケについてくるから。当然最後はカレーライスになる。たっぷり汗をかき、何杯も水をおかわりしながら完食して、また午後の競馬に向かう。

東京開催は10月までお休みだが、『カジュアル稲松』は場外発売期間中も営業しているし、『小平うどん』だって競馬開催に関わらず暖簾を掲げている。とはいえ、しばらくは府中に足を運ぶことはないという向きも多かろう。実際私もその一人。ならば、こちらの“変わりカレーうどん”はいかがだろうか。

大井町『ハピネス』のカレースパゲッティ。

Dsc_1253 

うどんじゃねーだろ!というご指摘は甘受するが、この店のパスタは敢えて茹で置きの美味さを追求した太さと柔らかさを讃えている。その食感はどことなくうどんに通じなくもない。その盛りの美しさもさることながら、とにかく美味いのである。関東からJRA競馬がなくなる3か月間は、ぜひともこの店と大井競馬場に足をお運びいただきたい。

 

 

|

« 東京競馬最終日 | トップページ | ダービー馬配合 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京競馬最終日 | トップページ | ダービー馬配合 »