« 肉汁と餃子 | トップページ | 関東オークス半世紀 »

2014年6月10日 (火)

アッミラーレの印象

せっかくコメントを頂いたので、今日はアッミラーレについて。ネタ枯れの時季にお題をいただけるのは助かりますね。ヘイケン様、ありがとうございます。

腰回りがパンとするまでに時間がかかったアッミラーレのデビューは遅く、3歳夏の札幌まで待たねばならなかった。それでも経験馬相手に2馬身半差の圧勝。素質の片鱗を見せつけている。しかし、続く美唄特別はソエが出て11着と大敗。そこですぐに放牧に出されたことが功を奏し、復帰戦の500万下で9馬身、1000万下伊良湖特別で5馬身、さらに準OPみちのくSで4馬身差、そしてついにはオープンの欅Sで2馬身と、いずれもワンサイドのレースで怒涛の4連勝を果たしたのである。

当然ながら重賞での活躍が期待されたが、この頃から喘鳴症の症状に悩まされるようになる。結局は、重賞タイトルとは無縁のまま引退、種牡馬入りを余儀なくされることに。それでもサウスヴィグラスを筆頭に、ハタノアドニス、レイズスズラン、オンワードセイント、スナークレイアース、マイターンといった、のちの重賞ウイナーをまるで相手にしなかったパフォーマンスは、当時としても目を見張るものがあった。もし順調に使えていたらGⅠタイトルを獲っていたに違いないと言われたところで、特に否定する理由を私は見つけることができない。

だがしかし、サンデーサイレンス直子でありながら、重賞タイトルを持たず、しかもダートにしか実績がないアッミラーレに、種付け依頼が殺到することはなかった。初年度産駒のチュニジアンブルーやセッカチセージ、トキノエクセレント、パフォーマンスらが一定の活躍を見せても、種付け数を増やすには至らない。現3歳世代となる2011年産まれで馬名登録があるのはわずかに19頭。しかし、そこからハッピースプリントという稀代の名馬が出現したのである。これぞまさしく競馬の醍醐味であろう。

Happy_2 

さて、そこでコメントに対する回答となるわけだが、私がアッミラーレに対して持つイメージをひと言で表せば、「二本柳壮騎手が乗って勝った最強馬」です。

いつだったか、野平祐二宅にふらりと壮君がやって来て、アッミラーレのバネのすごさについて熱く語っていたことがあった。私の中ではこの印象がものすごく強い。それが逆にアッミラーレの個人的評価を微妙なモノにさせていたことも否めませんけど(笑)

ちなみに、道営と南関東で4勝した繁殖牝馬ポーカーアリス(父スウェプトオーヴァーボード)の今年の配合相手もアッミラーレ。なんでも、昨年のアッミラーレの種付け頭数は35頭に過ぎなかったのに、今年はすでに100頭を超えているのだそうだ。凄い。考えることはみんな一緒ということですね。

 

 

|

« 肉汁と餃子 | トップページ | 関東オークス半世紀 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 肉汁と餃子 | トップページ | 関東オークス半世紀 »