« トレーニングセールの季節 | トップページ | ワンカップ »

2014年5月 7日 (水)

魅惑のカツ煮カレー

数あるカレーの種類の中でも、そば屋のカレー丼が好みという人は割と多い。

そばつゆで豚肉とタマネギをひと煮立ちさせてからカレー粉を投入。小麦粉の水溶きでトロみを付けてから、どんぶり飯の上に流しかける。青ネギなんかをトッピングすると色合いがいい。カツオダシがクンと効いたカレーは、“カレー大好き日本人”の原点であるように思える。

Don  

考えようによってはカツ丼の作り方もさほどの違いはない。そばつゆで煮るのが既に揚げられた豚肉であることと、カレー粉の代わりに溶き玉子を投入することくらい。それでも出来上がりはまるで異なる。ただしどちらも美味い。

Katsu  

なのにカレー丼とカツ丼を融合させたカツカレー丼は、カレー丼にカツを載せただけ   。そんなスタイルに、私は昔から疑問を抱き続けてきた。割とどうでも良いことが気になるんですね。ともかく、カレー丼にカツ煮が載った丼こそ「カツカレー丼」と呼ぶに相応しいのに……ぶつぶつ。などと思いつつ、たまたま訪れた幕張の街角でこんな看板が目に飛び込んできた。

Kanban 

煮込みカツカレー?

『本家絶品! 煮込みカツカレーの店』はデカ盛り業界では有名な店らしく、TV番組のロケに登場することも多いとか。メニューはカレーと丼が中心で、トッピングの肉類や揚げ物は充実しており、価格は安く、そして量が多い。学生並びに私にとっては嬉しい限り。メニューを一瞥して、迷わず「カツ煮カレー」を注文した。

Curry  

揚げたてのトンカツにザクッザクッと包丁を入れ、ダシを張った親子鍋でタマネギと一緒に煮込んで玉子でとじ、それをどんぶり飯ではなくカレーライスの上に載せて完成。“丼”でないのが残念だが、カツ煮の周辺から染み出たダシとカレーの融合はそば屋のカレーを彷彿とさせ、パン粉、玉子、カレーの三重の衣をまとったカツはトロっと柔らかい。一般的なカツカレーとどちらが美味いかと聞かれたら正直答えに窮するが(笑)、これはこれでアリだとは断言できる。

屋号にもなっている「煮込みカツカレー」は、この「カツ煮カレー」とは全く別のメニューらしいので、今度はこちらを食べてみようか。とはいえ、船橋競馬のついでに幕張まで足を延ばすのは微妙にめんどい。明日は東京湾カップだけど、幕張まで行く時間もおそらくない。八千代台にもお店があるようだが、さらなる出店計画があるのなら、次は船橋競馬場!   とまでは言わずとも、大神宮下あたりにしてくれると凄く嬉しいのだが……。

 

 

|

« トレーニングセールの季節 | トップページ | ワンカップ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トレーニングセールの季節 | トップページ | ワンカップ »