« 8頭立ての衝撃 | トップページ | 魅惑のカツ煮カレー »

2014年5月 6日 (火)

トレーニングセールの季節

GWが終わればトレーニングセールの季節。5月13日(火)に函館競馬場でHBAトレーニングセールが、19(月)には船橋競馬場で千葉サラブレッドセールが、それぞれ行われる。

Sale  

先週土曜の東京6Rを勝ったペアンは、昨年のHBAトレーニングセールで取引された一頭。スタートから逃げて、直線ではいったん外から交わされたのに、そこから再び差し返してみせたのだから驚く。ダート1600mで1分37秒2の勝ち時計も速い。

6r  

ハイアーゲームの牡馬。トレーニングセールでの取引価格は330万円(税別)だった。それが、1年も経たぬうちにJRAで1800万円近くを稼ぎだしているのだから偉い。府中の1600ダートで(2,1,0,0)。唯一の敗戦もアジアエクスプレス相手なら、ユニコーンSへの期待も膨らむ。

そのレースの2つあと、東京8Rの芝1400mを逃げ切ったエポワスは、2010年の千葉サラブレッドセールで取引されている。

8r  

こちらの取引価格は2200万円で、獲得賞金は2120万円だから、あと一歩か。だが収支がプラスに転じるのも時間の問題だろう。

社台ファームの血統馬だから取引価格が高いのは仕方ない。母マニックサンデーはフローラS(GⅡ)の勝ち馬。近親には、バブルガムフェローを筆頭に、ディープブリランテ、ザッツザプレンティ、ショウナンパントルとGⅠホースの名前がずらりと並んでいる。

今年の千葉サラブレッドセールには、このエポワスの弟となる2歳馬が上場されることになっている。「マニックサンデーの12」は父がチチカステナンゴに変わって芦毛に出た。どんなタイムを出して、落札価格はいくらで、そしていったい誰に購買されるのか。なんとも興味深いところだ。

 

 

|

« 8頭立ての衝撃 | トップページ | 魅惑のカツ煮カレー »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8頭立ての衝撃 | トップページ | 魅惑のカツ煮カレー »