« 1等星vs1番星 | トップページ | 専門店のミートソース »

2014年4月 8日 (火)

魅惑のミートソース

大井開催中ではないのだけれど、大井町『銭場精肉店』でとあるプロジェクトの打ち上げ。いやはや皆さんお疲れさんでした。

Zeniba  

和牛の溶岩焼きで有名なお店ではあるけれど、以前も紹介したようにこれでもかというほどのレアで提供されるハンバーグや、スジ肉の旨味たっぷりのカレーも捨てがたい。さらにはずせないのがこのミートソース。トマトソースの中に挽肉の粒がぽつんぽつんと浮かぶ程度のミートソースも珍しくない中にあって、この“肉々さ”こそ「肉ソース」の名にふさわしいのではあるまいか。むろん和牛100%。一口食べれば、ミートソーススパゲティは肉料理なのだと気づかされるに違いない。そういえばミートソースってパスタ専門店で食べる機会が案外少ないような気がする。

パスタ専門店ではない店の絶品ミートソースというと、最近の私は円山町の『やしま』が真っ先に頭に浮かぶ。

Yashima1  

知る人ぞ知る讃岐うどんの名店である。うどんの完成度もさることながら、いりこの香り沸き立つダシも絶品と評されるこの店でミートソースを頼むという行為は邪道の誹りを免れまいが、美味いのだから仕方あるまい。肉と天かすが絡みついた麺を一気に啜りあげるこの愉悦は、パスタではまず体験不可能。よくぞメニューに載せてくれたと感謝したい。

Udon  

しかし専門店でない店で食べるミートソースの嚆矢といえば、やはり喫茶店で食べる一皿であろう。この場合、昨今流行りの“カフェ”などというスタイルは相応しくない。薄暗い店内に紫煙漂う昭和のムードに満ち溢れた喫茶店で食べるミートソースは、茹で置きの麺をジャッと炒めて、そこにケチャップベースのソースとドバッとかけただけ。でもこれが不思議と美味い。

Sepia  

そんな不思議なミートソースを食べさせてくれるのが船橋駅近くの『セピア』。「スパゲティー・ミート」というネーミングがまた良いではないか。味は『銭場精肉店』や『やしま』に及ぶべくもないのに、なぜかときたま無性に食べたくなる。中山開催も残すところあと2週。果たして足を運ぶチャンスはあるだろうか。

 

 

|

« 1等星vs1番星 | トップページ | 専門店のミートソース »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1等星vs1番星 | トップページ | 専門店のミートソース »