« フジキセキの奇跡 | トップページ | イスラコジーンの2011 »

2014年4月19日 (土)

魅惑の鶏白湯

Dr.コパ氏が、ラッキーフードの鶏肉をたくさん食べて高松宮記念を勝ったというエピソードの呪縛から、いまだ抜け出せないでいる。

から揚げ、フライドチキン、鶏天、チキンカツの4連闘で臨んだ船橋Sが散々な結果に終わり、レース前に親子丼をかき込んだニュージーランドトロフィーでは、あろうことかショウナンの親子丼決着という想定外の結末がもたらされた。

若干迷走気味の水曜日の昼に訪れたのは、ギムレット氏に情報を寄せていただいた新橋の『駿』。以前は立ち飲み屋だったはずが、ちょっと目を離した隙に、椅子を備えた鳥料理とラーメンのお店に姿を変えていた。とはいえ、名物「ハムカツ・ポテトサラダサンド」が健在であることを確認してひと安心。

Shun1  

鶏塩ラーメンのスープは黄色く濁っている。コラーゲンのトロっとした口当たり。鶏ガラの深いコク。ほのかに感じる甘みは、鶏の脂であろうか。見た目よりも飲みやすく、そして旨い。

Shun2  

どうせなら徹底すべきであろうと、夜はクラウンカップが行われる川崎競馬場近くの『麺匠ようすけ 鶏煮亭』の暖簾をくぐった。第一京浜の交差点に掛かる歩道橋のたもとにある人気店だ。

Yosuke  

濃厚鶏白湯ラーメンを注文。鶏の旨味をあますところなく搾り出したスープは、黄色い鶏脂の膜が張っておりなんとも滋味深い。ねっとりとしたゼラチン質を豊富に含んだスープは、上質な乳製品を思わせるほど。合せる麺はハリのある中太麺。新橋『駿』もそうだった。これならスープの濃厚さに負けることはあるまい。

Yosuke2  

すっかり鶏まみれになったところで、いざ川崎競馬場へ。さあ、その結末は?!

   というところで紙数が尽きた。まあ、書かなくても分かりますよね(笑) まあ、競馬の結果はどうあれ、鶏白湯ラーメンは美味いです。

 

 

|

« フジキセキの奇跡 | トップページ | イスラコジーンの2011 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

東京にも鳥千ありますからねhappy01

投稿: 店主 | 2014年4月21日 (月) 21時48分

私も早速みならい、中山競馬場に着くなり鳥千でチキンを購入。

2-17 でガッツリ儲けました。たまたまかもしれませんが次回も鳥千へ直行したいと思います。(笑)

投稿: tsuyoshi | 2014年4月21日 (月) 15時08分

シチューとnoodleラーメンですもんねぇ。どんな味がするんでしょう? happy02

投稿: 店主 | 2014年4月21日 (月) 07時12分

早速お出かけ頂きましてありがとうございますhappy01
次回は是非ご一緒に、噂の濃厚鶏シチューラーメンを食べましょうscissors

投稿: ギムレット | 2014年4月20日 (日) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フジキセキの奇跡 | トップページ | イスラコジーンの2011 »