« 専門店のミートソース | トップページ | ニュージーランドトロフィー »

2014年4月10日 (木)

おてんば娘から女傑へ

一日遅れでマリーンCの話。花粉が辛いとか言いながら、ちゃんと船橋には行ってますよ。

Sakura  

1番人気はエンプレス杯を大差楽勝のワイルドフラッパー。メーデイア引退後の新たなダート女王としての活躍が期待されている。その期待を表すのが1.2倍という圧倒的な単勝オッズ。昨年メーデイアが1.7倍。一昨年ミラクルレジェンドですら1.6倍。ワイルドフラッパーにかかる期待の大きさが伺い知れる。ちなみに馬名は「手におえないおてんば娘」という意味だそうだ。

Wild1  

2番人気はサウンドリアーナ。2歳秋にファンタジーSを優勝したスピード能力に加え、初ダートの端午Sで4馬身差の圧勝だからダート適正も高い。ちなみにお母さんはオテンバコマチ。

Sound  

そんな“おてんば対決”を制したのはワイルドフラッパー。今回は着差こそ7馬身という常識の範囲(?)に収まったが、福永騎手の「なるべく後続を離さないようにステッキも使わなかった」というコメントを額面通り捉えれば、彼女の秘めたる能力は、もはやメーデイアやミラクルレジェンドのレベルには収まるまい。松田国調教師の口から「今後は男馬との対戦も考えている」という言葉が飛び出したのも、そりゃ当然と頷ける。

Wild2  

ダートグレードにおける牝馬路線が整備された昨今は、A級牝馬がA級牡馬と対戦することは案外少ない。敢えて牡馬との対戦を選ばずとも、JBCレディスクラシックを頂点とした牝馬限定レースでローテーションを組むことができてしまうからだ。

牝馬が古馬牡馬相手にマイル以上の距離でダート重賞を勝った例は、2008年の東海Sを勝ったヤマトマリオン以来無く、GⅠ級となると2003年の帝王賞を勝ったネームバリューまで遡らなければならない。ワイルドフラッパーがそれに続けば、それはすなわちおてんば娘から真の女傑への華麗な変身を果たすことになる。なんだか「八重の桜」みたいな話ですね。

ちなみに、「おてんば」の語源はオランダ語の「オンテンバール」に由来しているとのこと。知らなかったですね。んで、ふと思いついて調べてみたら、オンテンバールという馬もちゃんといた。ローゼンカバリー産駒の牝馬で、道営の女傑クラキンコとはいとこの間柄。名前の通り、おてんばな女の子だったのだろうか?

 

 

|

« 専門店のミートソース | トップページ | ニュージーランドトロフィー »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 専門店のミートソース | トップページ | ニュージーランドトロフィー »