« 中山のない土曜日 | トップページ | 煮込みの旅 »

2014年3月23日 (日)

中山、中京、そして今日は

中山、中京ときて阪神に向かうはずが、あろうことか名古屋駅で乗る電車を間違えて(?)、こんなところに辿り着いてしまった。

Bagun  

さて、ここはどこでしょう?

Kanazawa 

レース実況は大井でもお馴染みのこのお方。

Jikkyo 

このお店は大ヒントです。

Tamazushi  

そうここは、

Stand  

金沢競馬場ですね。

金沢競馬は3ヶ月間のシーズンオフを終えて、今日が今年の開幕初日。市街地から競馬場に向かう無料バスの中でも、「久しぶり」「元気やったか?」という声が飛び交っていた。

実は、金沢競馬の2013年度収支は5600万円もの黒字が見込まれている。毎年のように存廃の岐路に立たされ、昨年の今頃も「収支均衡」が繰り返し叫ばれていたことを忘れてしまいそうな数字だ。言うまでもなくJBCが金沢で開催されたことが大きく寄与している。が、それだけでもない。なにせJBC当日の黒字額は600万円に留まる。実際。2012年度も、当初見込みは900万円の赤字であったのに、一転3600万円の黒字に上方修正されていた。すなわちIPATの地方通年発売の効果が絶大であったのである。

1r  

とはいえ、IPATもイイが、競馬はやはりライブで見てこそ楽しいもの。2014年の開幕レースのその場に我が身を置ける幸福を味わいたい。迎えた第1レースは、アポロダイナスティが勝った。アポロキングダム産駒の3歳牡馬。JRA新潟で迎えた昨年8月の新馬戦では、戸崎騎手を鞍上に迎えて1番人気に推された実績もある。その後、名古屋を経て、金沢にやってきた。3歳3月にしてなかなかの経歴。ここで逢ったのも何かの縁であろう。今後も注目していかなければなるまい。

Dorayaki  

入場時にはこんなどら焼きがプレゼントされた。写真ではイマイチ伝わりづらいが、北陸新幹線がデザインされている。

Beer  

金沢市内で飲むビールのラベルも北陸新幹線。来春の北陸新幹線開業の暁には、新幹線に乗って金沢競馬場にやって来ようか。そう思うファンはゼロではあるまい。くり返しになるが、競馬はライブで見てこそのエンターテインメント。今日は時間の都合で1レースだけで引き揚げざるを得なかったのだけど、それでも眼前を疾走する馬たちの迫力にじゅうぶん満足した。次回は新幹線でやって来て、まる1日楽しみたい。

 

 

|

« 中山のない土曜日 | トップページ | 煮込みの旅 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中山のない土曜日 | トップページ | 煮込みの旅 »