« 煮込みの誘惑 | トップページ | 同着 »

2014年3月16日 (日)

3月の新馬

中山3レースの出走馬が本馬場に入ってくるところだというのに、なぜかスタンド内では他場の中継モニタに人だかりができている。

Monitor  

モニタが映し出しているのは阪神3レースの新馬戦。となれば、衆目の先にあるのは話題のボラーレであろう。お母さんは2007年の日本ダービーを勝ったあのウオッカ!……って、みんな知ってますよね。

Vodka  

昨年6月からスタートした新馬戦は今開催で終了。次開催以後、未出走馬は経験馬相手に未勝利戦でのデビューを強いられる。仕上がり途上でも、条件が合わなくても、その程度には目をつぶって新馬戦に間に合わせたいと思う馬は少なくない。いきおい波乱の目も出る。

中山は4レースが新馬戦。私の個人的な注目はアドマイヤムーンの牝馬メイプルチャンス。お母さんは船橋所属馬として2003年のクイーン賞を勝ったあのメイプルスプリング!……って、知る人は少ないか。

Meipuru1  

ウオッカの偉大さには及ばぬかもしれにないが、南関東重賞勝ち馬の産駒には頑張ってもらいたい。今日は春本番を思わせる陽気。「スプリング」の娘が勝つにはちょうど良かろう。

Meipuru2_2   

レースは3コーナー手前で先頭に立ったスプリングサヴァンがそのまま押し切ってしまった。戸崎圭太騎手の手綱。しまった、こっちの「スプリング」だったか!

Spring 

メイプルチャンスは5着に敗れたが、9番人気を考えれば上等か。阪神のボラーレは7着。レース後、「3月のダートの新馬戦で負けているようじゃなぁ……」という声が聞こえてきた。たしかに今後の展望は明るいとは言い切れない。だが、それでもゴルトブリッツのように、3月のダート新馬戦で7着に敗れながら、それでもこつこつと走り続けて、ついにGⅠの勲章を手に入れた馬がいたのも事実。まずは次のレースで、ひとつでも良い着順を目指そう。

この世代の新馬戦はあと2鞍を残すのみ。来月には北海道で2歳競馬が始まる。早いですね。

 

 

|

« 煮込みの誘惑 | トップページ | 同着 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 煮込みの誘惑 | トップページ | 同着 »