« バラちらしの誘惑 | トップページ | 魅惑のベーコン »

2014年3月 4日 (火)

魅惑のハムステーキ

学生の街・代々木に店を構える『ポパイ』は、B級グルメファンもしくは大盛りファンなら誰もが知る名店。銀の皿に盛られた2枚のハムステーキは、決して高級なハムを使っているわけでもなさそうなのだけど、昭和テイストと相まって懐かしい味で口の中がいっぱいになる。

Popai  

関西では珍しくもないメニューなのに、関東の食堂で「ハムステーキ」の文字を見かけることは少ない。それでも昔は自宅の食卓に上ることもあったような気がする。ハムをただ焼いただけなのだけど、それは若干の贅沢感を伴って子供の頃の点景として記憶の片隅に残されている。

Ham  

贅沢感の理由はその厚さであろう。ハムといえばスライスハムが当然であった我が家にあって、1センチはあろうかとハムステーキの厚さは子供心を鷲掴みにした。前にも書いたが、私の母は魚屋の娘であったから、とんかつやしょうが焼きといった肉料理が食卓を彩ったという記憶はあまりない。ビフテキなどなおさらだ。だから「ステーキ」という言葉から私が受けるイメージは、今でも真ん丸のハムステーキのそれである。

Royal  

牧場巡りを終えて、新千歳空港から朝の便で羽田に帰る前、ターミナル3Fの『ロイヤル』で朝食をとるのが何よりの楽しみ。朝からハムステーキの愉悦は他に喩えようがない。帰途に愉しみ残しておくのは、旅を楽しむひとつのコツ。正式なメニュー名は「バイエルンソーセージ」だそうだけど、私にとってはハムステーキです。 

 

 

|

« バラちらしの誘惑 | トップページ | 魅惑のベーコン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バラちらしの誘惑 | トップページ | 魅惑のベーコン »