« 中山、中京、そして今日は | トップページ | 氷見うどん »

2014年3月24日 (月)

煮込みの旅

「ドテドン」と聞くと何やら一昔前の怪獣のような響きだが、これが美味いのである。先日訪れた中京競馬場での昼食は、名古屋名物のどて煮を丼飯にどっさり乗せた「どて丼」にした。

Dsc_0921  

その色味は一瞬食べるのを躊躇うほどだが、いざ口に運んでみれば思ったほど辛くはない。ただ濃いというのではなく、その濃い闇の中にさらなる奥行きが感じられる。もちろん白飯に合わぬはずがない。好みはあろうが、関東の「もつ煮丼」よりもこの「どて丼」の方が、丼としてバランスが取れているような気がする。

競馬場のメニューに、もつやスジを使った煮込み料理は欠かせない。金沢競馬場ではそんなスジの煮込みを使った「すじ丼」を食べることができる。

Dsc_0949  

たっぷりの牛スジとたまねぎをダシで煮て、玉子でとじる。それを白飯の上にザッと乗せて、ニラを散らせば完成。親子丼の牛スジ版のようなものか。だが、これが滅法美味い。スジの脂を吸った玉子がこれほど美味いとは思わなかった。牛肉と玉子を使った他人丼は、その名の通り牛肉と玉子との一体感に欠けるところがあるのだけど、牛肉がスジ肉に変わった途端、事態は一変する。これはぜひ大井でも出して欲しい。

金沢ではこんなうどんも食べた。

Dsc_0932  

片町『たま屋』の牛すじうどん。太めでつるつる食感のうどんに牛すじの旨味が絡んで、喉で味わうにはもってこい。聞けば豪州産の小麦粉に加えて、道産の「ホクシン」をブレンドしているという。北海道以外では珍しい。この滑らかな食感はまさしく「ホクシン」のたまものであろう。

昆布は利尻産、鰹節は枕崎産、塩は赤穂の天然塩。ここまでこだわれば、「小盛」で一杯千円という価格設定もやむを得まい。それでも次から次へと客が入ってきた。さすが金沢。たかがうどん一杯とはいえ、味の分かる客が多い。

 

 

|

« 中山、中京、そして今日は | トップページ | 氷見うどん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中山、中京、そして今日は | トップページ | 氷見うどん »