« 健康と競馬 | トップページ | 名牝の息子たち »

2014年3月 8日 (土)

馬場を見極めろ

馬場発表は「良」だが、芝コースの状態が“良くない”ことは衆目の一致するところ。二度の大雪のせいか、1コーナー入口付近などはあからさまに土が剥き出しになっている。皐月賞までにこれ以上の回復は望めまい。騎手にしても、馬券を買う我々にしても、馬場の見極めが勝敗を分ける中山開催になりそうだ。

9R黄梅賞は3歳1勝クラスのマイル戦。3番人気パワースラッガーが1番枠を生かして逃げ切った。2着は2番枠から2番手追走のマイネルメリエンダ。いわゆる「行った行った」の決着。それにしても勝ち時計1分37秒4は遅い。

9r 

10RスピカSは、またまた1番枠のトーセンジャガーが差し切り勝ち。しかも最低人気。1000m通過62秒8という超スローペースなのに、上がりに36秒1を要せば、どんな馬でも勝ち負けのチャンスは生まれる。

10r 

続く11RオーシャンSは、絶頂時のロードカナロアを破ったことのあるハクサンムーンと、安田記念優勝馬リアルインパクトの実績馬2頭が人気の中心。とはいえ、ここまでの流れを見てしまった以上、この番号を買わぬわけにはいくまい。

 Baken

そしたら、そのスマートオリオンが見事に勝ってしまった。重賞初挑戦、しかも連闘での優勝となれば底知れぬ。2着馬に付けた1馬身1/4の着差は、重賞昇格後のこのレースでもっとも大きい。それにしても、特別レース3鞍すべてで1号馬が勝つなんてことが、実際にあるんですねぇ。

11r 

横山典弘騎手はこれで2週連続重賞制覇。彼は2009年に3週連続重賞勝利を、さらに翌2010年には4週連続重賞勝利を記録している。2005年11月5日には、東京2Rから7Rまで6戦連続勝利という前人未到の大記録を達成したことも。もともと調子に乗ると、手が付けられなくなるタイプである。こうなると明日の弥生賞でも俄然目が離せない。

それにしても、オーシャンSも1分8秒9と時計がかかった。レースの上がり35秒フラットは、芝良馬場のスプリント重賞とは思えぬ。ダート馬だとばかり思っていたスノードラゴンが2着に突っ込んで来れたのも、その馬場状態ゆえであろう。今の中山の芝コースに33秒台の切れ味は役に立たない。明日の弥生賞にも、波乱の香りが漂ってきた。

それにしても、買うべきは単勝馬券ではなく、1番アタマ固定の馬単総流しでしたな。この辺のセンスが私に足りないんだよなぁ。

 

 

|

« 健康と競馬 | トップページ | 名牝の息子たち »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 健康と競馬 | トップページ | 名牝の息子たち »