« 煮込みの旅 | トップページ | あいもり »

2014年3月25日 (火)

氷見うどん

富山の春と言えばホタルイカと白エビ。美味いですよね。

Dsc_0966  

だけど、これは今や東京でもすっかりお馴染みになった感がる。せっかく富山まで来たのなら、東京ではあまり目にかかることのない一品を食べたい。そんなことを思いながらフラっとコンビニを覗いてみたら、こんな商品が目に留まった。

Dsc_0975  

知ってる。稲庭うどんに似ているやつ。東京でこれを出す店は少ない。それがコンビニに並んでいるとは、少しばかり驚いた。

手打ちではなく手延べで作られる氷見うどんは、滑らかな口当たりと歯切れの良い食感が特徴。手延べの代表格と言えば、長崎の五島うどんと秋田の稲庭うどんが有名だが、この氷見うどんも負けてはいない。輪島素麺の手延べの技を受け継いだその製法で、滑らかさだけでなく、独特の強いコシも兼ね備えている。

Dsc_0982  

こちらは『とみいち亭』でいただいた氷見うどん。その滑らかな口当たりのおかげで、するするといくらでも口に入ってしまうのだが、驚くべきはそのつけツユの味の濃さ。関東人の私が「うひゃ、しょっぱい」と感じるほどだから推して知るべしだ。

さすが、ご当地ラーメン「富山ブラック」で名を馳せる富山県。黒く濃くしょっぱいスープに、これまたしょっぱい味付けのメンマを浮かべたラーメンを好む人たちにとっては、これくらいのインパクトがなければ足りないのであろう。つけツユに浸す具合のベストポイントを見極めながら食べるというのも、また楽しい。

 

 

|

« 煮込みの旅 | トップページ | あいもり »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 煮込みの旅 | トップページ | あいもり »