« 哲学としてのトンカツ | トップページ | 大井にコロッケ専門店を »

2014年1月 2日 (木)

牛肉を揚げよう

「カツ」の話を続ける。

トンカツも好きだが、それにも増してビーフカツが好物である。「ギュウカツ」と書くといわゆる「串カツ」のイメージがあるので、ここでは明確に両者を分けておく。私が好きなのは、ステーキ用の牛肉にパン粉を着けて、レア程度にサッと揚げたビーフカツの方。東京では、なかなかこれを出してくれる店がなくて困るのだが、関西では珍しいメニューではなく、美味しいビーフカツを出してくれる店がたくさんある。さすがは、関西は馬のレベルだけでなく「食」のレベルも高い。

東京にもたまに足を運ぶ店がある。それが人形町にある『そよいち』。老舗が立ち並ぶ人形町にあってはまだまだ新しい店だが、店名に「ビーフカツ」を謳う意気込みは見るべきものがある。先日は盛岡から知り合いの記者が上京してきたので、昼飯でも食いながら岩手競馬の話を聞かせてくれと、この店に誘った。

Beef  

この店のビーフカツはカツが2枚で1人前である。多過ぎるという方にはハーフサイズメニューもあるから、そちらを頼むと良い。私の個人的な好みを言わせてもらえれば、1枚で良いからもう少し肉を厚くして欲しいと思う。肉が薄いと、レアの状態にならずせっかくの牛肉の味わいに欠けてしまう。だが、そのためには肉のランクを上げなくてはならず、価格設定の都合上難しいのも事実。サラリーマン相手のランチメニューで、3千円取るわけにもいくまい。

誤解しないで欲しいのだけど、美味しくないと言ってるのではない。わざわざ電車に乗って食べに行ってるのだから、私は美味しいと思ってる。ただ、大阪・神戸のそれとはやはり違うのである。

つまるところは、文化の違いなのだと思う。東京でビーフカツの話をすると、大半の相手は「牛肉を揚げちゃうなんてもったいない」と言う。「カツはステーキに劣る」という固定観念に基づく発想。件の記者も、開口一番そう言った。

東京で「ビーフカツ」を出す店が増えないのは、旨い不味いではなく、固定観念との戦いを強いられるからであろう。それでも敢えて厳しい戦いに挑むこのようなお店には、敬意を表す意味でもマメに足を運びたいのである。

 

 

|

« 哲学としてのトンカツ | トップページ | 大井にコロッケ専門店を »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 哲学としてのトンカツ | トップページ | 大井にコロッケ専門店を »