« 砂と魔女 | トップページ | 若きスプリンターの憂鬱 »

2013年12月15日 (日)

朝日杯当日の初勝利

船橋からでも富士山が拝めるほどの好天に恵まれた中山競馬場は、GⅠ当日の割にスタンドもパドックも意外に空いている。前走で2着に敗れた馬同士が人気を分けあうメンバーでは仕方ないか。「中山で行われる最後の朝日杯」程度のギミックではファンは動かない。好メンバーの阪神JFは入場者数が昨年比13%増だったのに、今日は4%の減だったという。

Fuji  

4Rは芝2000mの2歳未勝利戦。1枠1番のヴァルコイネンが、4角10番手という位置取りから直線だけで前の9頭を交わすと、さらに後続を3馬身も突き放す力の違いを見せて勝った。ちょっと気が早いが、テイエムオペラオーの皐月賞を彷彿させるものがある。

4r  

ホワイトマズル産駒の芦毛馬。ご存じのとおりホワイトマズル自身は白くはない。この芦毛も祖母アドマイスの父・ハイエストオナーから伝えられたもの。ホワイトマズル産駒の重賞勝ち馬といえばアサクサキングスやシャドウゲイトなど10頭以上いるのに、芦毛の重賞ウイナーはなぜかいない。“ホワイト”マズルなのだから、一頭くらいいてもよかろう。ヴァルコイネンへの期待は大きい。ちなみに「ヴァルコイネン」は、フィンランド語で「白」の意。1枠白帽がよく似合う。

続く5Rは芝1600mの2歳新馬戦。またもや1枠1番のホットランナーが勝った。

5r  

ただし、今度は3角11番手から捲って4角では先頭に並びかける展開。半マイルを過ぎてからの3ハロンが13秒2-12秒2-11秒2と1秒刻みで早くなる特異な流れに戸惑うことなく、直線もしっかりとした脚色だった。

ヴァルコイネンもホットランナーもまだまだ成長途上。スタートで後方に置かれるのもトモの弱さゆえか。それでも勝つのだから両馬とも能力がある。

たとえ朝日杯に間に合わなくても良いではないか。アジアエクスプレスにしても、全日本2歳優駿を除外されてやむなくこちらに回ってきての勝利だった。「万事塞翁が馬」の故事はダテではない。ヴァルコイネンやホットランナーが、アジアエクスプレスと対戦する日が来るのを楽しみに待とう。

 

 

|

« 砂と魔女 | トップページ | 若きスプリンターの憂鬱 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 砂と魔女 | トップページ | 若きスプリンターの憂鬱 »