« 川崎発、ドバイ行き | トップページ | 悩み多き有馬前日 »

2013年12月20日 (金)

名馬、名騎手、名コンビ

いよいよ有馬記念が明後日に迫った。ゴールドシップは、このレース連覇がかかっている。

Goldship  

過去に連覇を成し遂げたのは4頭。スピードシンボリと野平祐二、シンボリルドルフと岡部幸雄、グラスワンダーと的場均、そしてシンボリクリスエスとO.ペリエ。いずれの連覇も同じ騎手の手綱によって達成された。だが、今年のゴールドシップに関して言えば、昨年優勝時の内田博幸騎手の手から離れているから、勝てば異なる騎手による連覇という初めてのケースになる。

Grass  

昨今の騎手事情からすれば、同じ騎手とのコンビで1年後の有馬記念に出走してくること自体が難しい。デビュー以来、一貫して和田竜二騎手が乗り続けるタマモベストプレイなどは、むしろ珍しいケースであろう。

どんな名馬でも、騎手に人を得なければ大成できない。ビワハヤヒデは、関東のエース岡部騎手に乗り替わってからGⅠを3勝した。私だって自分の持ち馬が負けて「ヤネを替えろ!」と叫んだことがある。そんな私が、乗り替わりそのものを否定するわけにはいかない。

一方で、過去の名馬と騎手のコンビを紐解いてみても、同じ馬と騎手のコンビの方が、競馬ファンとしての感情移入が強かったし、心に残っている。ハイセイコーには増沢末男、ミスターシービーには吉永正人、そしてディープインパクトには武豊。騎手の固定化は名馬大成の条件のひとつ。オルフェーヴルの引退に際し、ディープインパクトほどの盛り上がりがないのは、そのあたりが影響しているのではないかと邪推する。

邪推ついでにこんなことを考えてみた。有馬記念の出走馬を決めるファン投票で、馬と一緒に乗ってもらいたい騎手も記入できるようにしたらどうなるだろうか?

むろん騎手の選択は馬主の専権事項だから、ファンの思いを形に表すに過ぎない。だが、年度代表馬を争うような名馬たちの乗り替わりが相次ぐ昨今である。名馬に名騎手に乗れば、即「名コンビ」となるわけでもない。実際、ファンはどう感じているのだろう。その辺が気になるのである。

 

 

|

« 川崎発、ドバイ行き | トップページ | 悩み多き有馬前日 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川崎発、ドバイ行き | トップページ | 悩み多き有馬前日 »