« 天馬とソーキそば | トップページ | 中央と地方の狭間で »

2013年11月19日 (火)

オシャレバンチョウ初勝利と

行こうかどうしようか悩んだ末に、笠松へ行くのをやめた。

いや、決してサボりではなく、ちゃんとほかに用事があるから。でも、そう決めた時点で「ああ、これで俺の目当ての馬が勝つんだろうな」と覚悟した。行く→負ける。行かない→勝つ。このスパイラルに一度ハマると抜け出すのは簡単ではない。

まずはオシャレバンチョウの移籍2戦目となる7R。前走は逃げることもできず4着に敗れた。笠松は4着だと賞金が出ない。札幌の新馬戦で4着に粘った時は110万円もらえたのに……。置かれた立場が身に沁みる。

今日の馬体重は8キロ減って473キロ。前走のプラス21キロは、いかにJRAからの移籍緒戦とはいえ、やはり太かったのだろう。しかも今日はマイル戦。すんなり先手を取ると、あとは余裕の一人旅。4馬身差で嬉しい初勝利を飾った。思えばずいぶんと時間がかかったけど、まがりなりにも3歳で1勝を挙げたことを喜ばなければなるまい。目指すはスマートカイザーの代表産駒。騎手、調教師、愛知ステーブルのみなさん、その他関係者すべてに感謝したい。

もうひとつの注目レースは、地方全国交流重賞の笠松グランプリ。大井、川崎、船橋、園田、佐賀からの遠征馬を迎えて総勢10頭が1400mを争う。1番人気は先月までJRAのオープンで活躍していたエーシンジェイワンで、2番人気は南関東と岩手で重賞5勝の社台牝馬ナターレ。

しかし勝ったのは、佐賀からやってきたエスワンプリンスだった。好発からの逃げ切りで勝ち時計は1分24秒5。昨年のこのレースを勝ったラブミーチャンの勝ち時計が1分24秒8だから、レベルは決して低くはない。以前笠松に遠征した時は、あまりのモノ見に行き脚がつかず3着に敗退。今回もモノ見をして、スタート直後や1コーナーではフラつくシーンもあったが、どうにか持ちこたえたのは1番枠の恩恵か。むろん、恩恵を結果に結びつけることができるのは、実力があればこそである。

昨年の九州ダービー馬は、地元佐賀では馬体重を計らせないことでも知られるが、他場ではおとなしく体重計に乗ってくれる。9か月ぶりに計量されたその馬体重は496キロ。9か月前と比較してマイナス5キロだが、その間佐賀で4戦しているからあまり意味のある数字でもない。

「これで重賞7勝目」とメディアには紹介されるのかもしれないが、重賞格付け乱発の佐賀では、彼の馬体重同様、その数字にさほどの意味があるとは思えぬ。敢えて数えるなら、飛燕賞、九州ダービー、ロータスクラウン賞に続く実質4勝目といったところか。むしろこれからは、全国地方交流やダートグレードの数を数えるような活躍を期待したい。

S1  

ちなみに、今日の笠松での私の目当ての馬というのが、このオシャレバンチョウとエスワンプリンスだった。自分が行かないと、これほどまでに完璧に勝つものか。嗚呼…。

 

 

|

« 天馬とソーキそば | トップページ | 中央と地方の狭間で »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天馬とソーキそば | トップページ | 中央と地方の狭間で »