« 騎手・横山和生 | トップページ | 目指せマイルグランプリ »

2013年11月 5日 (火)

目指せ豚のどんぶり

大井や船橋の開催中は、ちょっと油断すると牛丼ばかりの日々が続いてしまうので、そういう時は意識的に豚肉を食べるようにしている。なんだ、結局「肉」なのかよ!という批判は甘んじて受ける。

ウインズ新橋やウインズ汐留に行くのにJR新橋駅を利用すれば、SL広場に隣接する「ニュー新橋ビル」を目にすることは多いはず。その1Fに店を構える『豚大学』は、大盛りの豚丼を安く味わえる競馬ファンの強い味方だ。

Daigaku1  

豚肉は注文を受けてから焼かれる。炎が上がる焼き台を眺めながら待つこと約10分。運ばれてきた丼は、ひと口大に切り分けられた豚バラ肉がまさに肉の花を咲かせている。タレの味付けは濃い目。それで白飯がまた進む。

Daigaku2  

豚丼は、小・480円から特大・990円まで4段階から選べる。ただし特大は総重量1キロ。注文される方は、くれぐれも自分の腹と相談されたい。店内には「残すべからず」の訓示が掲げられている。自ら注文しておきながら食べ残すのはいただけない。そんなことをしていては、直線であからさまに脚を残して負けた騎手に対し、二度と文句を言えなくなる。

Butaya1  

東京競馬場1Fのホースプレビューへとつながる通路の一角に『豚や』というお店が暖簾を出しているのをご存じだろうか? 立地が微妙なせいか、あまり繁盛している様子はない。私が好きなのはご覧の角煮丼。その額770円。この値段設定も微妙だ。というより、すぐ近くで『吉野家』が牛丼大盛を480円で売っていることを考えれば、正直高いようにも感じる。

Butaya2  

だが、もともと豚の角煮は高級料理でもある。箸を刺すとスッと切れるこの柔らかさ。なのに脂身ばかりというわけでもない。煮汁をたっぷりと吸込み、口の中でほろっと溶ける。この味わいを求めるならば、少々高いのもやむを得まい。ただし、全体を見渡した時、ゆで玉子が冷たいことが難。コレいらないから700円にできないだろうか?なんて思ってしまう。それができないなら、温泉玉子にするとか、角煮の煮汁で煮た煮玉子にして欲しい。競馬場の770円には、そんなさまざまな意見が付随するくらいの価値があると思うのである。

 

 

|

« 騎手・横山和生 | トップページ | 目指せマイルグランプリ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 騎手・横山和生 | トップページ | 目指せマイルグランプリ »