« 目指せマイルグランプリ | トップページ | 馬装不備 »

2013年11月 7日 (木)

目指せB-1グランプリ

昨日の大井にこんな屋台が出ていた。

Yatai  

「大田汐焼きそば」は、大田区の有志が地元に何かB級グルメ的な名物を、と考案した塩焼きそば。多摩川をイメージしたというオリジナルの平打ちの麺に、海苔やアサリにカリカリ梅と、焼きそばの常識に捕らわれない遊びゴコロ満載の一品だ。

Dsc_0693  

味自体は想像の枠を越えるものではないが、この平打ちの麺がやたらと美味い。とはいえ、あまりに具だくさんなので、麺を思いっきり食べたいという衝動に駈られる。それで、おかわりが欲しくなる。それを狙ってやっているのだとしたら大したものだが、果たしてどうだろうか? 真相を確かめてやろうと、今日も再び大井にやってきたのだが、残念ながら出店は昨夜限りだった。真相は確かめようがない。

Bon  

とはいえ、今日大井にやって来たのは焼きそばを食べるためではなく、かといって誘導の練習に励むボンネビルレコードの姿を見るためでもない。北海道2歳優駿に出走する愛馬の馬券を購入し、声を枯らして応援せんがためである。前走後にひと頓挫あって、直前まで出否未定。さすがに門別まで出かける勇気はなかった。

Dsc_0696  

そうは言っても腹は減るので、今日はこちらの屋台をリサーチ。

Dsc_0695   

都内一の出荷量を誇る練馬産のキャベツを多くの人に知ってもらう目的で開発された「練馬野菜ぎょうざ」は、練馬産キャベツを使用し、その他の野菜は国産であり、価格は1人前500円以下   など8つの条件を満たしていなければならない。「野菜」を前面に押しているわりにはジューシーで、見た目よりも食べ応えがある。ちなみに、こちらの屋台は明日の最終日まで出ているそうだ。

Dsc_0694 

おりしも明後日からは、愛知県豊川市でB-1グランプリが開催される。これらふたつのメニューもB級グルメを謳っているわけだが、「富士宮やきそば」や「厚木しろころホルモン」のような昔からあった地元の味ではなく、こうした「開発型」のメニューがグランプリを獲得した例はない。それでも、地元の仲間が集まって楽しめれば、それでイイじゃないかという気もしてくる。

一方で、「声を枯らして応援」するはずだった北海道2歳優駿のポップレーベルは、声を出す局面すらない惨敗。負けは覚悟していたが、ブービーという結末にはちょっと言葉がない。ともかく今日は、大井まで餃子を食べに来たと思い込むことにしよう。それにしてもブービーとは、嗚呼……。

 

 

|

« 目指せマイルグランプリ | トップページ | 馬装不備 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 目指せマイルグランプリ | トップページ | 馬装不備 »