« 道悪競馬にもそろそろ飽きて | トップページ | 種牡馬ナイキアディライト »

2013年10月27日 (日)

昨日の友は今日の敵

「ひどい馬場だよ」

「ノメり通しで競馬にならない」

昨日はそんな声ばかりが聞こえた芝コースも、今日は稍重からのスタート。7レースには良にまで回復した。見た目には例年の天皇賞当日と変わりはないように見える。9レースの1000万条件芝1400m戦を勝ったネオウィズダムの勝ち時計は1分20秒3。十分に早い。

9r  

第148回目の天皇賞は秋晴れに恵まれた。1番人気は久々でもジェンティルドンナ。昨年の年度代表馬となれば、やはり格が違う。

Jentil 

馬場入り時に「今年最大の上がり馬」と紹介されたトウケイヘイローが2番人気。とはいえ、昨日のような馬場でやりたかったというのが本音であろう。

Toukei 

3番人気はこのレース連覇がかかるエイシンフラッシュ。昨年同様、天皇賞に合わせてデムーロ騎手に乗り替わってきた。

Eishin 

もっとも速いスタートを決めたのは、まさかのジェンティルドンナであった。「フライングじゃないか?」という声も聞こえる中、押してトウケイヘイローがハナへ。結果、この思いもよらぬジェンティルドンナの好スタートが、1番人気馬と2番人気馬の敗因となった。気合を入れられたトウケイヘイローのペースは緩むことなく1000mを58秒4で通過。そのハイペースを番手で追走し、直線に向いて先頭に立たざるを得なかったジェンティルドンナも1分58秒2なら立派だが、2着でヨシとされる立場ではない。こちらの本音は「スタートが良すぎた……」であろうか。

Jastaway 

年度代表馬を破って天皇賞馬となったジャスタウェイは、ハーツクライの産駒。母方はほぼ無名の米国血統だが、祖母シャロンは、距離2000mの90年CCAオークスを9馬身差で独走している。その距離適性と大物喰いの父の血が騒いだのか。ただ一頭だけ34秒台の上がり。その脚色は、他の16頭が文字通り止まって見えるほどだった。

福永騎手は2週連続のGⅠ勝ち。しかも、今回はエイシンフラッシュ&デムーロのコンビを破っての勝利だから、なおさら価値がある。

福永騎手は毎日王冠でエイシンフラッシュの手綱を取っている。その時点で、毎日王冠の結果にかかわらず次の天皇賞ではデムーロ騎手に乗り替わることが発表されていた。毎日王冠の福永騎手に課せられたテーマは、「次におつりを残すため、馬に負担をかけずに勝つこと」。彼はそれを見事にやってのけた。

迎えた天皇賞。その毎日王冠で2着に下したジャスタウェイに跨り、手綱を取られた格好のエイシンフラッシュを負かしてみせたのだから、福永騎手にとってこれ以上の痛快事はあるまい。菊花賞勝利でひとつ殻を突き破ったか。今日2勝でリーディングも首位。今年の競馬も、いよいよクライマックス。目が離せぬ存在になりそうだ。

 

 

|

« 道悪競馬にもそろそろ飽きて | トップページ | 種牡馬ナイキアディライト »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 道悪競馬にもそろそろ飽きて | トップページ | 種牡馬ナイキアディライト »