« カマキリの季節 | トップページ | 雨ニモマケズ、不良馬場ニモマケズ »

2013年10月19日 (土)

ロジテーストとイスラボニータ

今日の東京は半数の6鞍が2歳戦。秋風と共に2歳戦もいよいよ本格化してきた。

5Rの新馬戦は芝1800m。スタートからの4ハロン目に14秒2という調教のようなラップが出現する超スローペースを、4角11番手の後方から追い込んだロジテーストが初勝利を飾った。

Logi  

前残り必死の流れを大外一気で差し切ったレースぶりは豪快そのものだが、まだ幼さが残る感じで荒削りな印象も否めない。ゲートも決して褒められたものではなかった。とはいえ、課題を抱えながら勝った事実は大きい。あとは、ひとつひとつ課題をクリアしていけば、おのずと展望は広がる。

同じ2歳の芝1800mで行われる9Rは、エアグルーヴやメジロドーベルがその勝ち馬に名を連ねるいちょうS。ただ一頭56キロを背負ったイスラボニータが、直線坂上で抜け出して完勝した。

Icho  

父はこの2歳世代がラストクロップとなったフジキセキ。JRA通算1390勝。歴代4位の通算勝利数を誇る種牡馬でありながら、産駒がクラシックレースを勝っていないという事実は画竜に点睛を欠く。最終世代にかかる期待は大きい。先週のりんどう賞を勝って2戦2勝としたエイシンオルドスや、明日の京都かえで賞で2勝目を狙うキンシノキセキなど、今年のフジキセキ産駒は一味違う活躍を見せている。

イスラボニータは新馬戦、続く新潟2歳Sとスタートに難のあるところを見せていた。それが今回はあまりに普通にゲートを出たので「逆に心配になった(蛯名騎手)」そうだが、終わってみれば一頭だけ力が違う勝ちっぷり。朝日杯という言葉も聞こえてきたが、次走は東京スポーツ杯が有力であろう。となると5Rを勝ったロジテーストとの対戦も有り得る。

一戦ごとに課題を克服し、レース内容が良くなっていくイスラボニータの姿は、ロジテーストにとっては心強く映るに違いない。レースを重ねるごとに成長していく姿を追い続けるのも、この季節の2歳競馬の醍醐味だ。

 

 

|

« カマキリの季節 | トップページ | 雨ニモマケズ、不良馬場ニモマケズ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カマキリの季節 | トップページ | 雨ニモマケズ、不良馬場ニモマケズ »