« 波乱の毎日王冠 | トップページ | 1年1か月ぶりの勝利 »

2013年10月 5日 (土)

雨の東京開幕

待ちに待った東京開催はあいにくの雨模様で開幕。パリからの知らせによれば、彼の地も雨が降ったりやんだりという空模様らしいですな。

Rain 

7レースはダート1400mの500万条件戦。4番人気サルバドールクライがスタートで大きく出遅れて、3コーナーでは1頭だけ大きく離れた最後方。それでも慌てず騒がず直線で大きく外に持ち出すと、矢のような末脚を繰り出して15頭を抜き去った。しかも、2着以下を2馬身も突き放すパフォーマンス。先行して勝ちきれなかったここ数戦の競馬が、嘘のようなレースぶりだった。

7r 

サルバドールクライの母・ホウライホーセキのひとつ上の姉は、小倉2歳Sを勝ったホウライアキコの母ホウライサンデー。すなわち、このサルバドールクライとホウライアキコはいとこ同士の間柄にある。それに気づいた時はすでに京都のデイリー杯2歳Sのゲートは開いていた。結果、不安視された距離延長をものともせずホウライアキコがレコード勝ち。もうちょい早く気が付けば、単勝にドカンとつぎ込んでいたはず……かどうかは分からないが、ともあれ、いとこ同士揃って先々への展望が大きく広がる一日となった。

2歳戦といえば、東京では500万条件のサフラン賞。ネオユニヴァース産駒のフォーエバーモアが、フルゲート18頭の激戦を制した。

9r 

こちらの課題は、逆に距離短縮によるペースの違いに対応できるかどうかにあったらしい。勝って検量に戻ってきた蛯名騎手よれば、「加速するまで時間がかかる」ということで、やはり距離はもう少しあった方がよさそうだ。むろん、それでも勝ったところに価値がある。次走は阪神JFに直行とのこと。

彼女のいとこにあたるシビル(父・ワイルドアゲイン)の産駒には、明日の毎日王冠に出走するジャスタウェイの名前が見える。前日発売で6番人気では買いにくいが、同厩舎のゴールドシップに食い下がった今週の追い切りは、なかなか見どころがあった。うーむ……、エキストラエンドも気になるのだけど、こっちも買ってみるか。買い目が増えるなぁ……。

 

 

|

« 波乱の毎日王冠 | トップページ | 1年1か月ぶりの勝利 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 波乱の毎日王冠 | トップページ | 1年1か月ぶりの勝利 »