« グリサージュと江田照男 | トップページ | 引き際 »

2013年9月23日 (月)

盛況の立役者は

日本テレビ盃の船橋競馬場では、メインレースが始まるずっと前から、ウイナーズサークルの周囲に人だかりができている。パドックに行ったり、馬券を買いにその場所を離れる様子もない。いったい、ここで何を待っているのだろうか?

Funa  

しばし考えたのち、なるほどそうか!と膝を叩いた。

彼ら彼女らは、日本テレビ盃で圧倒的人気を集めている武豊を待っているのであろう。一昔前なら見慣れた光景であったのに、そんなことすっかり忘れていた。スランプ脱出とともに、ユタカファンもかつての熱を取り戻したに違いない。あるいは、日本人として初めてニエル賞を勝ったジョッキーをみんなで祝福したいという気持ちの現れであろうか。いずれにせよ、やはり競馬ファンは素晴らしい。

   なんて、しみじみ人垣を眺めていたら、こんなものが目に留まった。

Funa1  

こちらには、こんな人も。

Funa2  

挙げ句の果てには、こんな格好の人まで。

Funa3  

すなわち、冒頭の人垣は、日本テレビ盃の発走などではなく、ふなっしーの登場を今や遅しと待ち構えている人たちだったのである。なーんだ。

日本テレビ盃を勝ったのは、そんな武豊騎手のワンダーアキュート。着差はクビだが、明かに余裕残しのレースぶり。JBCクラシック連覇に向けて順調なスタートを切ったと言って、差し支えあるまい。

Wonder  

直線では人気2頭の完全なマッチレース。JBCクラシックの勝ち馬と昨年のこのレースの覇者。武豊と福永祐一。ふなっしー目当てのお客さんも、さすがにこの叩き合いには目を奪われたのではあるまいか。

Wounder2  

8256人の入場者数は昨年の2倍。去年は平日開催だったし、もちろんふなっしー効果も小さくあるまいが、昨日の中山ではキャロッタが懸命に日テレ盃をアピールしていたことも強調しておきたい。お疲れ様でした。

Kyaro  

 

 

|

« グリサージュと江田照男 | トップページ | 引き際 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グリサージュと江田照男 | トップページ | 引き際 »