« 引き際 | トップページ | ベテルギウスの運命 »

2013年9月25日 (水)

ミスプロ3×3

月曜船橋の10レースは2歳馬による平和賞トライアル・フリオーソレジェンドカップ。1番人気のファイトが、初距離をものともせず1600mを逃げ切った。まったく追うところなく、2着に2馬身半だから強いの一言。デビュー戦で2着に敗れたことが、逆に不思議にさえ感じる。

Fight 

ひとつ上の兄には、今年のクラウンカップと東京湾カップを勝ったアメイジアがいる。その兄も昨年のこのレースに出走して2勝目をあげているし、もっと遡ればレース名に冠されたフリオーソも、当時のこのレースに相当するナドアルシバ競馬場カップに出走して2勝目をマークした。いわば出世レース。ただ、両者とも次走の平和賞では不覚を取った。ファイトの平和賞での走りが注目されるところだ。

Ame 

ファイトとアメイジアの兄弟には、南関東8勝のインセンティブという兄もいる。父親はそれぞれ異なるが、共通するのはミスタープロスペクターを祖父に持つ種牡馬が交配されていること。母クロイヒトミも祖父にミスタープロスペクターを持つ。すなわち、活躍している3頭は、ミスタープロスペクターの3×3という共通点を持つのである。ちなみに、クロイヒトミの今年の産駒はスターリングローズの牝馬。この仔もやはりミスプロの3×3のクロスを持つ。

Furi  

フリオーソレジェンドカップの副賞はフリオーソの種付権。フリオーソの母の父もミスタープロスペクターである。となれば、さっそく来春のクロイヒトミに交配相手になるのだろうか。その産駒が、4年後のフリオーソレジェンドカップを勝ったりすれば、これは楽しい。

それにしても、こんなにも強いファイトをデビュー戦で破ったシオサイという馬は、どれだけ強いのであろうか。

   と思っていたら、翌火曜に行われたポートサイドアイドル特別というレースにシオサイが出走してきた。同じく平和賞トライアル。もちろん1番人気。当然の如く完勝である。

やっぱ強いんだなぁ、と思いながらよくよく血統を見たら、この馬もミスタープロスペクターの3×3ではないか。いずれにせよ、両馬の再戦が楽しみな平和賞になりそうだ。

 

 

|

« 引き際 | トップページ | ベテルギウスの運命 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 引き際 | トップページ | ベテルギウスの運命 »