« 大人のディープインパクト | トップページ | デカかった »

2013年9月30日 (月)

甘くてしょっぱい

大井8レースは、2歳一組・つばめ特別。去年まではマイル戦だったのが、今年からどういうわけか、1200mに距離が短縮された。

1番人気は社台RHの良血ユキドリ。従姉妹にミリオンディスクや先日の関東オークスを勝ったアムールポエジーなんかがいる。ちなみにユキドリというのは、カモメの仲間の鳥の名前らしいけど、関係者からは「ユキちゃん」と呼ばれています。本家「ユキチャン」に近づくには、ここで負けていられまい。

Yukidori  

2番人気は南関東ではお馴染みコウギョウダグラスの弟クロスクランチ。兄同様、1200mのスピード勝負は合いそうだ。

Cross 

3番人気は先日も紹介したテンセイフジの子、ブラックビアド。こちらは逆に距離があった方が良いタイプに見えるので、前走のマイル戦からの距離短縮には、正直疑問が残る。あるいはつばめ特別の距離が短縮されたことを知らずに、マイル戦だと勘違いして出走してきたのだろうか?

Black  

今開催は福島復興支援の一環として「東北復興応援ビアガーデン」を開催中。「浪江焼きそば」や「気仙沼ホルモン」といった幟が並んでいるのだが、例によって横浜ナンバーや足立ナンバーの移動販売車ばかりで興醒めも甚だしい。その一角に、唯一の福島ナンバーを見つけた。

ひょっとしたらこれは、あの有名な「~ふくしまから はじめよう~ キビタン号」ではあるまいか?   って、実は初めて見たんですけどね。福島県産品の販路拡大および福島県観光PRのため、首都圏のビジネス街や住宅街、および福島県内の住宅街、仮設住宅等で福島県産品の移動販売を行っているのだという。ちなみに「キビタン」という名前も鳥の名前から取ったそうです。

Kibitan  

郡山からいらしたという店員さんのおススメはこちら。会津山塩シュークリーム(300円)。

Yamashio  

福島県が主催した「ふくしまおいしい大賞2012」のスイーツ部門で大賞に輝いた一品だという。会津山塩とは、大塩裏磐梯温泉の温泉水を釜で煮詰める伝統的な製法で手作りされた塩。ミネラルを豊富に含んでいるせいで、尖ったしょっぱさはない。山塩がクリームの甘さを引き立て、それでいて甘さは舌に残らず、後味がサッパリしている。なるほど大賞に選ばれるのも頷ける。

甘いだけではダメ。しょっぱい思いが絡んでこそ面白い、というのは馬券ライフにも似てやしないか。といっても、私の馬券ライフは塩味しか記憶にないけど。

Fireprince  

つばめ特別は1番人気のユキドリをファイヤープリンスが競り落として優勝。ファイヤープリンスはこれが7戦目にして嬉しい初勝利となった。ユキドリの関係者には、ちょっとだけしょっぱい結果になってしまったか。これがのちの奥深い甘さに繋がると信じよう。

 

 

|

« 大人のディープインパクト | トップページ | デカかった »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大人のディープインパクト | トップページ | デカかった »