« ミスプロ3×3 | トップページ | シナドンいろいろ »

2013年9月26日 (木)

ベテルギウスの運命

冬の夜空に赤く輝くオリオン座のベテルギウスが、近々超新星爆発を起こすかもしれない(?)と、ネット上で話題になっている。

だがこれは今になって出てきた話ではない。私が子供の頃、すなわち30年以上もの昔から、思い出したように話題に上ることしばしば。もっともメジャーな星座の一角を占める、もっともメジャーな赤色超巨星である以上、こうした噂が広がるのも頷ける。球形であるべき形状にゆがみが生じて、星としての劣化が著しいことも、数年前にNASAが発表している。「だからといって爆発をいつ検知できるかを予測することはできない」とも。明日かもしれない。あるいは1万年後かもしれない。そんなこと誰にも分からない。

もちろん、私とて超新星爆発のような天体ショーを見られるものなら見てみたいという思いはある。だが、そうなったら、星座としての「オリオン座」の扱いはどうなるのだろう? 「冬の大三角形」は「冬の線分」とでも呼ぶのか? あるいは、近隣の明るい星を新たにメンバー入りさせて「新大三角形」を結成するのだろうか? いや、そんなことより、暮れの阪神で行われるベテルギウスSは、いったいどうなってしまうんだ?

Wounder 

ベテルギウスSはダート2000mの古馬オープン特別。JCダートと東京大賞典の狭間に行われることもあり、豪華メンバーが集結するようなことはないものの、2010年には後にJBCクラシックを勝つことになるワンダーアキュートが勝った。JRAでは数少ないダート2000mのオープン戦として、それなりに存在感を保っている。

本家ベテルギウスが消滅してしまったら、その名を戴いたベテルギウスSもやはり消滅の運命にあるのかもしれない……。

   と、ここまで書いてはたと気づいた。ベテルギウスと共に冬の大三角形を形成するシリウスとプロキオンの名は、ともにJRA重賞としてのステータスを得ているのに、ベテルギウスだけがオープン特別に留まるのは、ひょっとしたら超新星爆発による消滅の可能性を踏まえてのことなのだろうか?

だとしたら凄い。ひょっとしたら1万年先になることまで見据えているとは、先見の明にしてもほどがある。

 

 

|

« ミスプロ3×3 | トップページ | シナドンいろいろ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

非科学的な話で申し訳ないのですが
超新星爆発の時期に関連して少し気になる記事があるのですが
紹介させていただきます。
新約聖書ヨハネ黙示録18章より引用
18:1この後、わたしは、もうひとりの御使が、
大いなる権威を持って、天から降りて来るのを見た。
地は彼の栄光によって明るくされた。
18:2彼は力強い声で叫んで言った、
「倒れた、大いなるバビロンは倒れた。
そして、それは悪魔の住む所、あらゆる汚れた霊の
巣くつ、また、あらゆる汚れた憎むべき鳥の巣くつとなった。
                       以上抜粋
これは人類の終末期に起きる出来事を描写したものの一部ですが
ベテルギウスの超新星爆発は、地球上を明るく照らすほどで
あることから、この時ちょうど超新星爆発が起きていると、
このように表現できると考えます。

投稿: nobu | 2018年4月 1日 (日) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミスプロ3×3 | トップページ | シナドンいろいろ »