« 3歳馬が挑む東京記念 | トップページ | 【訃報】ベリファイア »

2013年9月19日 (木)

根性カレー

2コーナー上空に中秋の名月が浮かぶ大井競馬場は、「トップジョッキーズナイト」の2日目「御神本ナイト」を迎えている。

Moon  

Lウイングスタンド横の「東京トゥインクルマルシェ」のコーナーでは、トップジョッキーズナイトでフューチャーしている的場文男、御神本訓史、真島大輔、3騎手の好物の屋台が出店中。真島騎手の好物おやきは、東京都西多摩群日の出町『ひので森りん館』さんの「ひので夢味(ムーミン)おやき」。一個250円。

Dsc_0559  

……と書いてネットに流すとあらぬ誤解を招きそうだ。日の出町では一個200円で売っているそうです。この価格は大井だけ。

Dsc_0566  

具材は、野沢菜、野菜ミックス、小豆粒餡といくつかあるが、人気と聞いた丸ナスをチョイスして、ガブッと一口。断面の写真が無いのはきれいに噛み切れなかったため。どうかご了承いただきたい。アツアツを手渡されたが、皮にもっちり感が乏しく、ところどころ硬く感じてしまうのは、きっとレンジでチンしたためであろう。そのせいか、具材もペシャッと潰れてしまっている。惜しい。どうせなら即席の囲炉裏を用意して、囲炉裏端でじっくり焼いて欲しかったが、さすがにそれは無理か。

Dsc_0560  

続いて本日の主役、御神本騎手のイチオシだという玉子焼きは、一串200円でこんな感じ。

Dsc_0561  

とりあえず一口。もぐもぐ、うぅーむ……、普通です(笑)

ただ、注文時に温かいものと冷たいものの両方を選べるのは悪くない。焼きたてアツアツを大根おろしと一緒に食べる玉子焼きも美味いが、冷蔵庫で1日くらい冷やしてから食べる方が、味が落ち着いて旨味が増すものである。

最後は、的場騎手の大好きなカレーライス。1杯600円という価格設定が微妙なのだろうか。客の姿は少ない。ちなみに「根性」は、店の屋号ではなく、的場騎手の好きな言葉です。

Dsc_0556  

注文したら、ただちにご飯をよそい、ちゃちゃっとカレーをかけて渡されるものと思っていたのだが、どうやら違った。奥に引っ込んだお兄さんは、フライパンで牛肉とシメジ、マッシュルームをソテーし始めたのである。しばらくしてから、フライパンにカレーソースを流し込んでさらに火を入れる念の入れよう。ようやく出てきた一皿がこちらとなる。

Dsc_0557  

写真では分かりにくいのだが、カレーソースには大き目に切られた牛肉とキノコがけっこうたくさん入っている。期待していなかったせいもあるが(失礼!)、それが旨い。ガラムマサラの芳香が鼻をくすぐるカレーソースも十分に合格点。カレーの美味さについては、百人いれば百通りの薀蓄があるので、多くは語るまいが、これが600円なら上等であろう。「さすがは的場さん」という思いさえする。

ところで、御神本訓史騎手のプロフィールを改めて見てみると、「好きな食べ物」欄には「寿司、刺身、玉子焼き」とある。さすがに寿司や刺身は無理があったか。さきほどから勝手なことを書き連ねているが、屋台でやれることに限界があることも重々承知しているつもりである。

さらにプロフィールを眺めると、笹川翼騎手の好物は「祖母が作る卵焼き」とあった。これを屋台で実現するとなったら、おばあちゃん本人に来ていただいくのだろうか? 興味があるという方は、来年のファン投票で笹川騎手に投票してみるといい。

トップジョッキーズナイトは明日が最終日。「的場文男賞」が行われるこの日に、的場騎手イチオシのカレーを食べてみてはいかがだろうか。

 

 

|

« 3歳馬が挑む東京記念 | トップページ | 【訃報】ベリファイア »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3歳馬が挑む東京記念 | トップページ | 【訃報】ベリファイア »