« 真夏のハンデ戦 | トップページ | ダートを駆けろ! »

2013年8月 1日 (木)

餃子祭り2013・夏

この大井開催は内馬場が盛り上がっている。

Oct1  

まずは、ドイツビールの祭典・オクトーバーフェスト。なんと開催初日から連日大盛況。馬券売り上げには今ひとつ結びついていないようにも見えるが、逆に言えば馬券色が薄い内馬場だからこそ、純粋にオクトーバーフェストの雰囲気を楽しみたいとやってきたという人が多くやってきたという見方もできる。であるならば、そういう方々にも、次からはぜひ馬券に参加していただきたい。前にも書いたように、本家ドイツのオクトーバーフェストにおいて、競馬は欠かせぬ存在である。

オクトーバーフェスト2013 日本公式サイト
http://www.oktober-fest.jp/

Oct2  

そしてもうひとつの内馬場の盛り上がりイベントは「バーベキューガーデン」。「手ぶらでバーベキュー」をコンセプトに、7月にオープンしたばかりなのだが、なんと今開催は連日満席というから驚く。興味のある方は、こちらのサイトも参考にされたい。

TCKバーベキューガーデン
http://digiq.jp/oikeiba/

今宵もお肉を焼く香ばしい匂いが風に乗ってゴール板付近に漂ってくる。これは夕食前のカメラマンにとっては地獄にも等しい。メインレースのゲートが開いて馬群が目の前を通過しても、「あー、良い匂いだー」と呟き、勝負どころの3コーナーで真島大輔騎手がぐーんとマクり上がっても、「畜生、ビール飲みてぇなぁ」などとぶつぶつ言ってるようでは、まともにレースなど追えるわけがない。結果、ピンボケ、手ブレ、撮り逃しといった惨劇が待ち受ける。

そんなたるんだムードを一喝せんがため、伝説の餃子カメラマンI氏は、唐突に「餃子祭り2013・夏」の開催を宣言。ただちに、カメラマン、記者、馬主、他公営競技関係者といった面々が、大森駅近くの四川料理店『杯一』に集結した。

大森界隈で安く飲める店は珍しくないが、ここも相当に安い。しかもメニューに「よだれ鶏」がある。「“よだれ鶏”って何だ?」「聞いたことないね」などと盛り上がる参加者たちを横目に、Iカメラマンは「生ビールと餃子を人数分」とクールに注文。よだれ鶏なんかに興味はない。俺たちは餃子を食べに来ているんだ!という無言の叱咤であろう。

Gyoza1  

でも、頼んじゃいましたけどね。よだれ鶏(笑)

その変わったネーミングの由来は「よだれが出るほど美味しい鶏」にあるらしいが、蒸し鶏の冷製とキュウリに麻辣タレをかけた一品で、いざ一口食べるとあまりの辛さによだれより先に汗が噴き出た。四川出身の方は「よだれ鶏」でも、辛さに慣れぬ日本人には「汗鶏」でもある。

Gyoza2  

バーベキューと言えばやはりビールであろうし、巨大なドイツソーセージとビールとの相性について、今更ここで語る必要もあるまい。とはいえ、ビールには餃子こそベストマッチだという意見を持つ方も、決して少なくはないような気がする。オクトーバーフェストは次開催(8/12~16)にも実施されるが、誰かこっそり餃子の屋台でも出してくれないだろうか。

 

 

|

« 真夏のハンデ戦 | トップページ | ダートを駆けろ! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真夏のハンデ戦 | トップページ | ダートを駆けろ! »