« 【訃報】デュランダル | トップページ | 父子制覇 »

2013年7月 9日 (火)

白、青襷

準重賞'13スターライトカップは、唯一の3歳馬デイジーギャルの逃げを自ら捕まえに動いたサチノシェーバーが、シンゼンレインボーの追撃を凌いで優勝した。

Star  

南関東のファンには馴染みの薄い勝負服。さあ、いったいこの騎手は誰でしょうか。

園田のファンの方ならお分かりですね。そう、JRAの岩田康誠騎手。今も地方の競馬場で、地方所属馬に乗る際は、園田時代の騎手服「白、青襷」を着ることになっている。準重賞に似つかわしくない派手なガッツポーズは、よほど快心のレース運びだったのか。いくらなんでも、明日の予行練習ではないですよね。

サチノシェーバーを管理するのは船橋の矢野義幸調教師。矢野師は岩田騎手を起用することが多く、前々走、川崎の皐月盃に出走したときも、岩田騎手の手綱で2着だった。その皐月盃の勝ち馬セイントメモリーは、直後の京成盃グランドマイラーズを勝っている。サチノシェーバーもSⅢくらいなら勝ってもおかしくない。今月末のSⅢ・サンタアニタトロフィーでセイントメモリーとの再戦が実現すれば、面白いことになりそうだ。

岩田騎手は明日のジャパンダートダービーにチャーリーブレイヴで参戦予定だが、1レースと2レースにも騎乗予定がある。もちろん勝負服は「白、青襷」。興味がある人は、早くから競馬場に行ってみると良いだろう。

 

|

« 【訃報】デュランダル | トップページ | 父子制覇 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【訃報】デュランダル | トップページ | 父子制覇 »