« ニイハオ@蒲田 | トップページ | リザーブカード引退 »

2013年7月20日 (土)

ヤレの海から

自分が撮った写真の中からダンスインザダークを探しているのだが、なかなか条件に合う一枚が見つからずに困っている。「顏のアップで、頭絡のネームプレートが見える」がその条件。これなんかは惜しい。

Dance 

パソコンに保存した写真にはファイル名に馬名を付けてある。「ダンスインザダーク」の名前がファイル名に含まれた百数十枚。だが、あろうことかこの中に条件にものは無かった。

「おっかしいなあ…。撮った覚えがあるんだけどなぁ…」などと言いつつ、ヤレのDVDを引っ張り出してくる。

「ヤレ」とは何か。

日々大量に撮った写真のうち、たぶん必要ないんだけど、万一の場合に備えて救済手段を残しておくような写真は、ある程度の分量がまとまったところでDVDに書き込んで、段ボール箱に突っ込んでおく。これが「ヤレ」。

本来は印刷業界において「テスト印刷紙」とか「印刷に失敗した損紙」などを指して使う言葉だが、新聞社で「ヤレ」といえば「要らないけど一応取りおく写真」を指し、印刷ミスによる損紙は「黒損」と呼ぶ。ただこれは一般紙の話で、スポーツ紙や競馬専門紙においては、また別の呼び方があるのかもしれない。業界の生き字引的ベテラン氏によれば、「ヤレ」の語源は「ヤぶレれた紙」にあるのだそうだ。だとしたら、取り置き写真には相応しくないようにも思える。

ともあれ、自宅の段ボールに詰め込まれたヤレのDVDの海から、2001年に社台スタリオンで撮影した一枚を発見。額の星の模様からしてダンスインザダークに間違いなさそうだ。ネームタグも見えている。ただ、ちょっとアップに過ぎるなぁ……。

Dance01  

……なんて思ってよくよく見れば、頭絡のネームプレートには「FUSAICHI CONCORDE」と刻まれているではないか!?

Dance02  

やれ? もとい、あれ? こいつフサイチコンコルドなのか?

いや、フサイチコンコルドの顔には星はないし、だいいち毛色からして違う。となれば、間違ってフサイチコンコルド用の頭絡を付けられていたということになる。それにしても、よりによって日本ダービーで痛恨の差し切りを許した相手のものを付けられるとは、気の毒過ぎやしないか。ヤレの海には不思議な一枚が潜んでいる。

 

 

|

« ニイハオ@蒲田 | トップページ | リザーブカード引退 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニイハオ@蒲田 | トップページ | リザーブカード引退 »