« メモ | トップページ | 食べまくり、伊勢 »

2013年7月 1日 (月)

「ドンラりうみよ」の謎

川崎に、おにゅーのハローが登場した。ピカピカの車体は見ていて気持ちが良い。

Land1  

じぇじぇっ?

Land2  

ドンラりうみよ??

なんじゃそりゃ?

旧型ハローを見て謎は解けた。

Land3  

つまり「よみうりランド」を逆から書いているのである。川崎競馬の主催は神奈川県だが、ハローは川崎競馬場を運営している「よみうりランド」の所有物。そのロゴが書かれていたわけだけど、なんでわざわざ逆に書いたのだろうか。

真っ先に思い浮かぶのは「ターャジス」現象。街中を走る「スジャータ」のトラックは、左側面に「スジャータ」、右側面に「ターャジス」と商品ロゴが大書きされている。これをいったいどう発音すれば良いのか?とは、かの村上春樹氏も四半世紀以上前から提起し続ける現代社会が抱える大問題であるわけだが、「ドンラりうみよ」もそれに倣ったのだろうか? でも、この場合の発音は「どんらりうみよ」で良さそうだ。

もともと、船舶においては、船首の右舷側のみ船名の文字配列を船首から船尾方向に表記するという慣例があり、「ターャジス」などもこの慣例に倣ったという説がある。また、対向車がすれ違いざまにこのロゴを目にすると、車体前方から「ス」「ジ」「ャ」「-」「タ」の順に認識され、結果的に「スジャータ」と理解されるのだという説もあるようだが、少なくともハローのスピードでは、そこまでの効果は得られないだろうし、対向車とすれ違うということもない。

船体や車体の文字表記を進行方向から書くというのなら、競走馬のゼッケンに記載する馬名も、馬体右側は右から左に表記してみたらどうだろうか?

すなわちこんな感じ。

Kizuna  

違和感、ハンパないですね(笑)

昔いたゾルトンワージや、昨日の函館で走ったカーバのような馬名なら面白いことになりそうだ。でも、左回りの東京の直線では、スタンドから見ると「ナンドルィテンェジ」と「ルヴーェフルオ」が火花を散らすことになったりして、なんのことかさっぱりわからんということにもなりかねない。やはり、右から表記は、船舶と「ターャジス」程度に留めてもらうのが妥当なところであろう。

 

 

|

« メモ | トップページ | 食べまくり、伊勢 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

文字をデザイン(模様)と考えて、左右対称にしているんだと思います。

投稿: 馬さん | 2013年7月 2日 (火) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メモ | トップページ | 食べまくり、伊勢 »