« 旭川のサッポロクラシック | トップページ | 少頭数はつまらないか »

2013年7月25日 (木)

コーヒー好き

昨日はビールの話だったので、今日はコーヒーの話。

私は紅茶、緑茶、ウーロン茶の類よりもコーヒーが好み。一日に5~6杯。日によっては10杯を超える。もちろん世のコーヒー好きの諸氏におかれては、さらなる杯数を数える方もいるのだろうけど、コーヒーには飲むにふさわしい時間帯と場所があると考える人間なので、この程度でちょうど良かろう。

酸味の少ないマンデリンなどが好みではあるが、豆の銘柄に特別のこだわりを持つわけではない。ようは、挽きたてで煎れたてであれば文句はないわけで、そういう観点からすれば当然ということになるが、缶コーヒーを飲むということはしない。

Coffee  

競馬場に着いたら、まず熱いコーヒーで頭を醒ますことにしている。特別に美味いコーヒーである必要はない。リラックスするために飲むのだから、リラックスできる店で飲むのがいちばん。東京競馬場では『ときわ家』が行きつけであるが、最近は『エクセルシオールカフェ』ということも増えてきた。これは浮気というほど大げさなものではなく、府中本町駅から西門を通って入場する私が、ただ単に立ち寄りやすいだけのこと。コーヒーショップは場所が命だとつくづく感じる。

亡くなった野平祐二氏は、たまに私の自宅に電話をかけてきて「コーヒーお好きでしょう。美味しいコーヒー煎れるから飲みにいらっしゃいよ」と誘ってくださった。なんとも祐ちゃん先生らしい誘い文句だが、実際に伺うと確かに美味しいコーヒーを出していただいたことを思い出す。そういえば先生もまた大のコーヒー好きだった。

Suteki  

2006年のアーリントンCをステキシンスケクンて勝ったペリエ騎手も、コーヒー好きで知られる。レース後のインタビューでは、「毛色はカプチーノみたいだけど、エスプレッソみたいに強かった」と愛馬の強さをコーヒーに喩えた。上手いことを言うもんだなあと感心する。とはいえ、「カプチーノみたい」なのは、毛色ではなく、むしろ服色の方ではないだろうか?

※写真はスプリングS出走時

 

 

|

« 旭川のサッポロクラシック | トップページ | 少頭数はつまらないか »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旭川のサッポロクラシック | トップページ | 少頭数はつまらないか »