« ハンデキャッパーはつらいよ | トップページ | 汁なし麺を食べ尽くせ »

2013年7月13日 (土)

福島の味

「 “食堂”と暖簾に掲げておきながら、食い物の話が少ないじゃないですか」

ジャパンダートダービーの大井競馬場で、そんなご指摘を頂戴した。ブログ開設当初は、マメに食堂の話を綴っていたはずなのに、言われてみれば最近はたしかに少ない気がする。「メシときどきケイバ」というよりは「ケイバときどきメシ」に近い。なので、今日は先週の福島で食べたモノの話。

Fukushimagoal  

この日、スタンド1Fに出店していたのは、福島県玉川村の物産ショップ。

Tamagawa  

まずは特産品のトマトを使ったという「トマトコロッケ」。見た目は普通のコロッケですが……。

Tomato1 

ひと口齧ると、なんと中にはトマト……の姿はない。

Tomato2  

でも、しっかりトマトの味がするんですよ。不思議です。できれば、揚げたてが食べたかったですね。それができないにしても、ホットショーケースで温めておけなかったか。5千円くらいでレンタルできますよね。あるいは電気使っちゃいけないという制約があるのかもしれない。

続いては「さるなしドリンク」。「なし」と名がついているが梨ではない。あまりの美味しさに、サルが我を忘れて食べることから名付けられた木の実で、本来はドリカムの歌にも登場する「コクワ」の実。ビタミンCはレモンの10倍で、ビタミンB1も豊富というスーパーフルーツだという。

Sarunashi1  

そのジュースの色はごらんのとおり。まさに青汁! だけど、美味いですよコレ。何本か自宅に買って帰ろうかと思ったけど、競馬場の規制で缶のまま売ることができないという。紙コップで持ち帰るわけにいかないですもんね。やはり競馬場でのイベントにはいろいろ規制がある。

Sarunashi2  

続いては、牛肉ファン憧れ「米沢牛」のお弁当屋台。

Yonezawa1  

馬券が当たったら米沢牛カルビ弁当(1500円)を買うとお店の人に宣言しておきながら、なかなか的中に至らず、昼休みも終わり、6レース、7レースと進み、ついに的中の目を見たのは8レースになってから。当たり馬券を握りしめて「当たりましたぁ~!」と屋台に駆け込んだら、カルビ弁当は売り切れて、これしか残っていなかった。

米沢牛ちらし弁当(1000円)。いや、これも美味いです。さすが米沢牛。

Yonezawa2  

そしてシメはやはりここ。

Manpuku1  

ここまで散々食べて満腹なはずなのに、野菜主体であっさりジューシーの餃子はいくらでも腹に収まります。さすがは「満腹」。

Manpuku2  

アツアツをほお張る。最初に「サクッ」ときて、それが「モチッ」とした食感に変わり、しかるのちにアンのうま味が「ジュワーッ」と口いっぱいに広がる。サクッ、モチッ、ジュワーッの3段愉悦。これは箸が止まらない。こうして、食べて飲むことこそ、私にできるもっとも効果的な復興支援であろう。そんなわけで、我が腹を顧みることなく、次回の福島も食べまくることを誓う。

 

 

|

« ハンデキャッパーはつらいよ | トップページ | 汁なし麺を食べ尽くせ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハンデキャッパーはつらいよ | トップページ | 汁なし麺を食べ尽くせ »