« サウスヴィグラス祭り | トップページ | 帰ってきたボンネビルレコード »

2013年6月26日 (水)

交流なき交流重賞

南関東の水曜日はこれで3週連続して雨に祟られた。「天候:雨」で行われる帝王賞は、2000年以来13年ぶりのこととなる。

Rain1  

梅雨だから仕方ないとはいえ、JRA東京開催が6月に一度も雨に降られなかったことを思えば、なんとなくヒキの悪さを思わずにはいられない。JRA6頭がすべてGⅠ級勝ち馬という好メンバー。間違いなく必見であろうこの一戦に、傘が必要となってしまったことには画竜に点睛を欠く思いがする。

Rain2  

JRA遠征馬の豪華さとは裏腹に、それを迎え撃つ地方所属馬の影が薄いのはいつものこと。しかし今回はそのコントラストがあまりにも強い。場内のあちこちから「6頭立て」との声が聞こえてくる。とはいえ、宝塚記念も「3頭立て」だと言われながら、結果その見立ては間違っていたではないか。競馬はやってみなければわからない。

地方馬の1番人気は、大井記念の覇者フォーティファイド。2000年の雨の帝王賞を勝ったファストフレンドの産駒である。父のフォーティナイナーも雨が滅法得意。準重賞1着→大井記念1着というステップはアブクマポーロを想起させるが、御神本訓史騎手の負傷乗り替わりは正直痛い。代打は山崎誠士騎手。昨日の優駿スプリント優勝の勢いをここに繋げられるか。単勝85.8倍。

続く地方の2番人気は、ダートグレード9勝、うちJpnⅠを3勝の格上スーニ。でも単勝は177.1倍。しかし凄いオッズだね。

地方の3番人気は……、えっ? ウソ! トーセンルーチェじゃないの? いや、失礼。3番人気はトウホクビジンですね。今日も元気に単勝270.6倍。

Bijin  

んで、この地方上位人気順の3連単のオッズが177848.4倍なんですよ。もはや「意地」とか「応援」などと言って買うことさえアホらしくなってくる。まあ、この中の1頭が、JRAの6頭の誰かしらに先着すれば、ある意味で“勝ち”だよな、と思いつつ迎えたレースは、武豊・ワンダーアキュートの逃げでスタート。

Wonder  

直線に向くと、1番人気のニホンピロアワーズがワンダーアキュートに並びかけて抜け出す構えを見せたが、それを楽々と交わしたホッコータルマエが重賞5連勝で帝王賞制覇を果たした。

Hokko  

JRA勢6頭は上位6着までを独占。そうなるだろうなと考えていた結果とはいえ、雨に打たれて全身ずぶ濡れになりながら見守っていた南関東寄りの人間のひとりとして、忸怩たる思いがないと言えば嘘になる。私が、「交流重賞」という言葉を使わずに、「ダートグレード」と書いているのは、「交流」という言葉がまるで似つかわしくないからにほかならない。勝ったホッコータルマエの秋は、南部杯からJBCクラシックというローテーションを進むとのこと。そこでは、「交流重賞」という言葉が使えるような結果が出るだろうか。

 

 

|

« サウスヴィグラス祭り | トップページ | 帰ってきたボンネビルレコード »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サウスヴィグラス祭り | トップページ | 帰ってきたボンネビルレコード »