« テンセイフジの子がやってきた | トップページ | メモ »

2013年6月29日 (土)

オクトーバーフェスト

あのドイツブームは、いったいどこに行ってしまったのだろう?

Buena  

ブエナビスタにも、エイシンフラッシュにも、ディープブリランテにも、凱旋門賞馬デインドリームにも、ケンタッキーダービー馬アニマルキングダムにも、14戦全勝の怪物フランケルにも、皆その血統表のどこかにドイツ血脈が流れ込んでいるのである。なので社台の牧場ツアーなどでは、「これからはドイツ血脈」という言葉があちこちから聞こえていたはずなのに、最近ではついぞ耳にしなくなった。アニマルキングダムの弟・ニューキングダムが大活躍したりすれば、また違ったのだろうけど、今のところは難しそう。ドイツブームは既に去ってしまったのかもしれない。

Dein  

   なんて思っていたら、大井競馬からドイツブーム再燃の兆しが聞こえてきた。

といっても、血統云々ではなく、開催イベントの話。ドイツビールの祭典「オクトーバーフェスト」が、この夏、大井競馬場で開催されるというのである。

今では世界中から観光客が集まるビールの祭典として知られるオクトーバーフェストは、1810年にバイエルンの皇太子・ルードヴィッヒの婚約を祝って祝賀競馬が催されたのがその嚆矢。ゆえに、今でもオクトーバーフェストには馬が欠かせない。巨大ビール樽を引く馬車が街中をパレードし、祭りに合わせて競馬も開催される。

日本では2003年に横浜で初となるオクトーバーフェストが開催された。以来、徐々に規模を拡大しながら今年が11年目。4月のお台場を皮切りに、日比谷、駒沢、仙台、奈良、豊洲、大井、立川、芝、長崎と、半年に渡って日本各地で開かれる。もはやオクトーバーも何もあったもんじゃないが、まあそこはお祭りなので多目に見てあげよう。

重要なのは、今回大井競馬が加わったことで、元来のオクトーバーフェストには欠かせぬ「競馬」という要素が加わり、より本家に近づいたということである。大井競馬場でのオクトーバーフェスト開催は、7月29日~8月2日と8月12日~ 8月16日の計10日間。TCK公式サイトによれば「ドイツづくしの10日間」とあるが、前半の日程は恒例のサンタアニタウィークとも重なる。ドイツと米西海岸の融合ともなれば、もうタダごとでは済まされまい。興味のある方は、ぜひとも7月29日からの大井開催に足をお運びいただきたい。

 オクトーバーフェスト2013公式サイト
 http://www.oktober-fest.jp/

 

 

|

« テンセイフジの子がやってきた | トップページ | メモ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テンセイフジの子がやってきた | トップページ | メモ »