« 化骨と仮骨 | トップページ | 交流なき交流重賞 »

2013年6月25日 (火)

サウスヴィグラス祭り

3回目を迎えた優駿スプリントは、大井1200mに3歳の韋駄天16頭が勢揃いした。1番人気は福山競馬最後のダービー馬カイロス。御神本騎手落馬負傷で、福山時代の主戦・佐原秀泰騎手で挑む。

Kai  

僅差の2番人気は、4月に水沢に遠征して重賞・留守杯日高賞を勝っているハードデイズナイト。

Hard1  

3番人気は浦和で連勝中のオキナワレッド。それもただの連勝ではなく、いずれも7馬身差のぶっちぎりでの連勝となれば、重賞未勝利とはいえども軽視はできない。

Okinawa  

……と、ここまで紹介した上位人気馬3頭は、いずれもサウスヴィグラスの産駒。さらにリコーシルエットとマケマケを加えて、総勢5頭のサウスヴィグラス産駒が大挙出走してきた。まさに“サウスヴィグラス祭り”の様相。昨年のNARリーディングサイアーで、今年もリーディング爆走中のサウスヴィグラスが、いよいよ確変モードに入ったか。

レースは、中団のインコースを追走したハードデイズナイトが、馬群を割って抜け出し、ゴール前では後続を突き放す強さを見せて完勝した。1馬身半差の2着にオキナワレッド。夏の夜の“サウスヴィグラス祭り”は、その産駒のワンツーフィニッシュという絵に描いたような結末で幕を閉じたのである。

Hard2  

しかも、1・2着とも牝馬。思えば、先日の兵庫ダービーを勝ったユメノアトサキや、昨年の佐賀2歳チャンプのロマンチック、あるいは昨年の兵庫ジュニアグランプリで3着したハニーパイなど、この世代のサウスヴィグラス産駒は牝馬の活躍が目立つ。

South  

2010年、サウスヴィグラスは日高地区繋養種牡馬としては異例とも言える212頭もの繁殖牝馬を集めた。すなわち今年の2歳世代に当たる。すでに4頭がJRA認定レースを勝ち上がっているのだが、なんとその4頭すべてが牝馬であった。古馬のラブミーチャンを引き合いに出すまでもなく、サウスヴィグラスの牝馬には一目置く必要がありそうだ。

 

 

|

« 化骨と仮骨 | トップページ | 交流なき交流重賞 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 化骨と仮骨 | トップページ | 交流なき交流重賞 »