« 狂騒と静寂のダービー | トップページ | 「おおもり」に気をつけろ »

2013年5月29日 (水)

実はスプリンター?

どんよりした梅雨空に覆われた浦和競馬場では、間もなくJpnⅡさきたま杯の発走を迎える。

Stand  

交流重賞だからと言って観客が集まる時代でもない。ましてや、あの狂乱の日本ダービーが終わったばかりである。客が少ないのは仕方ない。レースの合間には余計なアナウンスもなく、やかましいBGMも流れていないから、場内はすこぶる静か。聞こえてくるのはヒバリの鳴き声と、遠くの工事現場の機械音のみ。一足早い夏競馬の風情漂う本馬場に、出走馬たちが姿を現した。

人気はセイクリムズン。昨年の優勝馬にして、交流重賞5勝の実績。別定57キロで、最も得意とする小回り1400mならば、負けるわけにはいかない。単勝オッズは1.7倍。

Seiku  

そのセイクリムズンに前走かしわ記念で先着したテスタマッタが2番人気。JpnⅠタイトル2勝の格上だが、逆に小回りの1400mが足枷になりそうということで単勝オッズは3倍ちょうどに留まっている。

Tesuta1  

レースは好枠からがサイモンロードがハナを主張。セイクリムズンは中団の外目。テスタマッタは、しんがり追走という隊列で馬群は1コーナーへ。

Start  

早くも向こう正面でレースが動いた。最後方からテスタマッタが一気に進出。そのままマクり上がって2番手で直線に向くと、前を行くナイキマドリードを交わし、さらにセイクリムズンの追撃を半馬身凌いで、1着ゴールを果たした。

Tesuta2  

テスタマッタは、これで重賞4勝目。その内訳は、3歳時のJDD(2000m)、5歳時のマーチS(1800m)、6歳時のフェブラリーS(1600m)、そして7歳で勝ったさきたま杯(1400m)である。年齢と共に適応距離が長くなることはよくあるが、逆のパターンは珍しい。このまま現役を続ければ、来年あたりJBCスプリントを狙えるのではないか。もともと、父のTapitはスタミナよりはスピードを全面に押し出す種牡馬。テスタマッタ自身、JDDの前2戦は1400m、1200m戦を直線一気の競馬で連勝していた経歴を持つ。ダービー馬がチャンピオンスプリンターになったりしたら、それはそれで面白い。

ちなみに戸崎騎手は、これがJRA移籍後にJRA所属馬での初重賞ということになる。が、そんなことより、JRA重賞を早く勝ってしまいたい。安田記念は一昨年に9番人気の馬で制したゲンの良いレース。ダークシャドウでの一発に期待したい。

 

 

|

« 狂騒と静寂のダービー | トップページ | 「おおもり」に気をつけろ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狂騒と静寂のダービー | トップページ | 「おおもり」に気をつけろ »