« 立ち食い | トップページ | モチモチとシャキシャキの狭間で »

2013年5月15日 (水)

藤田輝信調教師が初重賞

大井8Rは御神本騎手のエタニティが最内からしぶとく伸びて勝利。ジャングルポケット産駒の牝4歳。お母さんのリードスキーはGⅢ・エーデルワイス賞を勝っている。

8r 

続く大井9Rは御神本騎手のヴィルマールが最内を鮮やかに突いて勝利。Charge Forward 産駒の牡7歳。お母さんの Soap Opera は、ニュージーランドのGⅡ・Japan-NZ International Trophy の勝ち馬。

9r 

さらに続く10R・大井記念は御神本騎手のフォーティファイドが4角先頭から直線は独走。後続を10馬身も千切る圧勝だった。フォーティナイナー産駒の牡8歳。お母さんのファストフレンドは、帝王賞と東京大賞典を勝ったGⅠ馬だ。

10r 

似たような展開が続いた御神本騎手の3連勝は、その勝ち馬の母馬が揃って重賞勝ち馬という珍しいものだった。しかもレースを経るにつれ、GⅢ→GⅡ→GⅠと格が上がっていったのも興味深い。

間もなく厩舎開業からまる3年を迎える藤田輝信調教師にとっては、この大井記念が嬉しい初重賞制覇となった。開業当初はなかなか勝てずに焦った時期もあったようだが、ポーカーアリスでの初勝利からコツコツと勝ち星を積み重ねて、ついに昨年は大井リーディング5位と躍進した。勝率.205は、あの川島正行調教師をも上回る。

今年も既に17勝で勝率.239。実に4回に1回近くのペースで勝っていることになる。凄い。

リーディングを狙おうかという調教師と、リーディング独走中の騎手とのタッグで、良血馬に初タイトルがもたらされた。しかも帝王賞での期待が膨らむ10馬身。今年の帝王賞に出走するJRA勢は、近年にない豪華メンバーになることが予想されているが、地元大井所属馬がJRA勢の一角に食い込むことができれば、さらにレースは白熱しそうだ。

 

 

|

« 立ち食い | トップページ | モチモチとシャキシャキの狭間で »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 立ち食い | トップページ | モチモチとシャキシャキの狭間で »