« 節目のダービー | トップページ | 名前のちから »

2013年5月26日 (日)

13万9806人との絆

ダービーの発走直前にふと日吉が丘の方に目を向けたら、芝生エリアの端の端までびっしりと観客で埋まっているので、ちょっと驚いた。

East 

振り向いて西門の方を見れば、やはり通路の奥までびっしりと人で埋め尽くされている。

West 

むろん眼下のゴール前には立錐の余地がない。今年のダービーは、ここ数年を遥かに凌ぐ大勢のお客さんが入っているようだ。

Center 

発表によれば、入場者数は13万9806人。もっと入っているような気がしたのは、13万超えそのものが久しぶりだからだろうか。ちなみに昨年のダービー当日の入場者数は11万5407人。今日の数字は、ここ10年間では2005年の14万143人に匹敵する。その年のダービーを勝ったのは、キズナのお父さんディープインパクトであった。

馬主席でお会いしたとあるオーナーは、これが初めてのダービー観戦だとおっしゃっていた。指定席に入った知人も今日が初めてのダービーだという。お二方とも、競馬のキャリアは30年を超すベテラン。それでもダービーの生観戦は初めてというあたりも、ダービーが特別なものであることの証だ。この二人のほかにも、初めてのダービーを過ごされた方々がスタンドのあちこちにいらしたに違いない。

Derby 

そういう意味では、今日のダービーは“良いダービー”だった。これほど豪快かつ美しいレースは、普段のレースでもなかなか見ることはできないし、ダービー5勝ジョッキー誕生の瞬間などこの先あるかどうかわからない。

多くの専門紙やスポーツ紙がロゴタイプに本命を打つ中、それでもキズナが1番人気に推されていることに、私個人は少なからず戸惑いを覚えていた。しかし、今日のレース結果がすべてを物語っている。ファンの慧眼は素晴らしい。レース後、武豊騎手は関係者や馬との絆を強調したが、今日私が感じた絆はファンと武豊騎手のそれであった。

Kizuna  

久しぶりのユタカ・コールに、時間をかけてゆっくりと応えた武豊騎手。多くのファンは長い間この瞬間を待っていたのであろう。“それが今日ここで起こる”と確信して押し寄せた人の波が、ディープ以来の14万人なのである。そしてそれは本当に“起きた”。繰り返す。競馬ファンの慧眼は素晴らしい。

 

 

|

« 節目のダービー | トップページ | 名前のちから »

競馬」カテゴリの記事

コメント

某金融関係者
宣伝ありがとうございますhappy01

ジャパンカップではぜひbeer飲みに行きましょう。

投稿: 店主 | 2013年6月 3日 (月) 06時48分

ダービー当日はお疲れ様でした。
本当に最高のダービーを最高の場所で見ることが出来たのは幸運としか言いようがありません。
ところで、今日、お約束通り、ブログの宣伝をFB上の某競馬関連サイトでしておきました。
アクセス数がどれだけ増えるかは未知数ですが、品質の優れたものは、放っておいても時間とともに支持を増やしていくものと思います。引き続き良質の情報を格調高い文章で発信していってくださいませ。陰ながら応援しております。

投稿: 某金融関係者 | 2013年6月 2日 (日) 23時42分

ご無沙汰しております。といっても以前のブログでは毎日お邪魔していたもののコメントは数回だけでしたが…。
こちらでブログが再開していたことをつい今しがた知り、勢い余ってコメントさせていただいた次第です。
第80回日本ダービー、現場にいることが出来たことが幸せです。私は競馬を始めて8年ですが、ウオッカのダービー以来忘れられない思い出深いダービーになりました。今年に入ってからは馬券の方も皐月賞の三連単しか当たっておらず、半ば諦め加減でキズナの馬券を握り締めていたので、ゴール前で突然目の前にキズナが飛び込んできた時には、傍観者でしかないですが、色々な想いが込み上げて狂喜乱舞してしまいました。

長くなりましたが、これからも細々とブログを拝読し続けたいと思ってます。食べ物の話も含め楽しみにしてます。

投稿: gtangtan_2005 | 2013年5月29日 (水) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 節目のダービー | トップページ | 名前のちから »