« 実はスプリンター? | トップページ | 懊悩の6月へ »

2013年5月30日 (木)

「おおもり」に気をつけろ

先日もちらっと書いたが、ここ数日は大森に通う日々が続いていた。

「そんな機会になぜ大井が開催していないんだ!」という不満が湧くのは当然だが、仕事の選り好みができるような立場ではない。そのストレスは当然のごとく昼食にぶつけられることとなる。

Ogawa1  

イトーヨーカドー大森店の向いのビル3Fに店を構える焼肉『OGAWA』は、小川畜産食品の経営にかかる一軒。某馬主氏によく連れて来て頂くのだが、昼に訪れるのは初めてだ。

Ogawa2  

注文はカルビ定食。その肉質、価格とも、さすがは精肉業者直営店と唸るほかない。他店なら上~特上レベルの肉に、ライス、味噌汁、サラダ、キムチがセットになって980円。その安さに、ついつい肉を追加オーダーしてしまった。満腹感を忘れるほど美味いものというのは、時に困りものである。

なので、その翌日の昼飯はさっぱりとざるそば程度で済ませようと蕎麦屋を探して歩いていたら、なんと行列ができている蕎麦屋を見つけた。ラーメン屋ならまだしも、蕎麦屋に行列は珍しい。これはさぞかし美味いのであろう。

Yuzuki2  

そそくさと列の最後尾に並び、席に着くや「ざる、大盛!」と注文。メニューを見れば「大ざる800円」とある。まあ、驚くような値段ではない。

ところが、目の前に運ばれてきたそのざるそばの威容に、私は思わず言葉を失った。

Yuzuki1  

……デカい。

“ざる”ではなく巨大な皿に盛られた蕎麦の山は、普通のざるそばならゆうに4人前、いや5人前はあろうか。普段ならうどん3玉を軽く胃袋に流し込む私も、さすがにこの分量は怯む。しかも意表を突かれたせいもあり、箸が止まりかけた。食っても食っても山が減らないのである。これは無理か……。とはいえ、一度注文したものを残すわけにはいかない。それは、スタート直後にポジションを下げておきながら、直線で脚を余して負ける愚行に等しい。それだけは許されん。

胃袋は脂汗を流していたかもしれないが、涼しい顔をなんとかキープしつつ、どうにか完食。それでも蕎麦湯を飲もうという気は起きなかった。

さすがは大森。その地名はダテではない。来週からの大井開催に合わせて大森で食事をされる貴兄は、注意が必要だ。

 

 

|

« 実はスプリンター? | トップページ | 懊悩の6月へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実はスプリンター? | トップページ | 懊悩の6月へ »