« 神の馬 | トップページ | 川崎ケイバSCへようこそ »

2013年4月 2日 (火)

本物の長浜ラーメン

福岡長浜のラーメン店『元祖長浜屋』に来ています。

20130401070804

先日チラッと触れた大阪・難波『千とせ』の「肉吸い」は肉うどんからうどんを抜いた代物。この店の常連だったコメディアンの花紀京さんが、二日酔いで食欲がなく、「うどんなしの肉うどん作って」と注文して生まれたという伝説が残っている。

また、札幌のご当地ラーメンとして知られる味噌ラーメンも、実は客の注文から生まれたものだ。『味の三平』の主人が、「豚汁にラーメンの麺を入れてほしい」という注文からそのアイディアを得たとされる。

長浜ラーメンの名物「替え玉」も、そうした客の注文から生まれたヒットメニューのひとつ。とあるお客がラーメンを食べ終えた。だが、一杯では物足りず、丼の中にはスープがなみなみ残っている。思わず「麺だけおかわりできんと?」と聞いてみたら、店の大将は気持ちよく「よかバイ」と応じてくれた。それが「替え玉」の嚆矢。このユニークなサービス形態がウケて、「長浜ラーメン」の名前はたちまち全国に知れ渡った。

その発祥の地でもある『元祖長浜屋』には、今日も地元客と観光客が押し寄せ続けている。替え玉を50円から100円に値上げすることが、一般ニュースとして全国紙の社会面を飾るラーメン屋などほかにあるまい。

もともと魚市場で忙しく働く作業員や仲買人のために、工夫されたラーメンである。ということは、その成り立ちは築地の『吉野家』にも似る。競馬場で『吉野家』があれだけ人気を集めているのは、同じように忙しい競馬ファンのニーズにマッチするからだ。となれば、競馬場にも本物の長浜ラーメンのお店が欲しい。「本物の」と敢えて強調するのは、東京では「長浜ラーメン」と「博多ラーメン」がごっちゃになってしまっているから。本来両者は違うものですよね。だいたいが、長浜地区は福岡市博多区ではない。

世にご当地ラーメンは数あれど、札幌、喜多方、佐野、和歌山、熊本など市区町村単位のネーミングがほとんど。いち町域名に過ぎない「長浜」の名が冠された「長浜ラーメン」は極めて希少なケースであろう。そんなことに思いを寄せつつ、替え玉の茹で上がりを待つのも悪くない。

Dscf4167

|

« 神の馬 | トップページ | 川崎ケイバSCへようこそ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神の馬 | トップページ | 川崎ケイバSCへようこそ »